「虹の橋」ご存知ですか? ペットロス・亡くなったペットの本当の話

虹の橋

当サイト「URAOTO」を運営している「」です

姉の不思議な体験を、一番間近でみてきました

」です。【占い師・霊能者】と呼ばれます

幼い頃からのチカラで、今まで多くの方の「未来・過去・あの世」などを視ました。私の経験が、皆様のお力になれば嬉しいです

みなさんは「虹の橋」という言葉を、聞いたことがありますか?もしかすると、飼っていたペットを亡くされた方にとっては、有名なものかもしれません。

今回は、この「虹の橋」や「亡くなったペットの見えざる真実」について、世界で活躍する「」に、「」である私が話を聞いてきました。

今回のテーマ
  •  「虹の橋」とは? 本当にある?
  •  亡くなってしまったペットは、どうなるのか
  •  亡くなったペットに、また出会うことはできるのか
SPONSORED LINK

「虹の橋」は本当にある? 亡くなったペットの本当の話

そもそも「虹の橋」とは

「虹の橋」は、1980年から1992年の間に作られた、作者不明の「」です。

天国の手前に虹の橋と呼ばれる場所があり、亡くなったペットたちはそこで暮らしている。 一番元気だった頃の姿でみな仲良く幸せに暮らしているけれど、大切な人がいないことだけが寂しい。 そしてある日、その大切な人がやって来た時に、ペットと人は一緒に虹の橋を渡って行くという内容です。

引用元:『虹の橋』この優しい言葉の由来と込められたメッセージ

亡くなったペットが、天国に続く虹の橋のたもとで、飼い主さんを待っているという内容が、人から人へと伝わり、今では様々な言語に翻訳され、世界中で愛されているそうです。

――姉ちゃんは、この「虹の橋」の詩って、聞いたことある?

うん、もちろんあるよ。天国の少し手前にあるという「虹の橋」で、再びペットと出会えて、一緒に虹の橋を渡る、という素敵な話だね。

単刀直入に聞いてしまうけどさ・・・、「虹の橋」は実際にあるの?姉ちゃんなら、視たことあるんじゃないかなって思ったんだけど。

残念ながら、私はこの「虹の橋」や、麓(ふもと)の世界を、視たことは無いんだ。でも、私が視たことがないだけであって、虹の橋の世界が実在していないというわけではないと思う。

と言うと?

私が視えていないからといって、有ると無いとも断言できないって事だね。事実、この「虹の橋」の詩によって、本当に多くの方が救われている。癒やしを受けて、ペットロスから立ち直れた人が大勢いるの。

それだけでも「虹の橋」は、多くの人の心の支え・癒やしになる「偉大な詩」であるし、ペットたちの死後の世界が存在していることだって、十分あると思うよ。

虹の橋

虹の橋の詩は、世界中で愛されている

亡くなったペットはどうなるのか

――そもそもなんだけど、亡くなってしまったペット達は、姉ちゃんとしてはどう視えるの?

そうだね・・・このあたりの記事(⬇)と重なる部分があるけれど

【愛する犬を亡くした方へ】死んだ犬にもう一度会いたい気持ち、叶うかもしれません

2017.11.13

【愛する猫を亡くした方へ】死んだ猫に会いたい気持ち、もしかしたら叶うかも

2017.11.09

【霊視】亡くなったペットに会いたい。でも、実はすぐ隣にいるんだよ。

2017.11.02

その子達の性格によって、大きく3つのタイプに分けられるよ。

①飼い主さんを心配して、近くにいる子

虹の橋

亡くなった後も、飼い主さんのそばに寄り添うタイプ。

特にワンちゃんの場合は、近くで飼い主さんを守っている事が多いです。

②自分が亡くなったことに気が付かずに、甘えている子

虹の橋

自分が亡くなったことに気づかず、飼い主さんに甘えようとするタイプ。

こちらは特に、ネコちゃんの場合が多いです。

③すぐに死を悟り、次の世界に行く子

虹の橋

自分が亡くなったと知って、虹の橋の世界のような、この世とは違う場所に向かうタイプ。

ただ、飼い主さんが悲しんでいる事に、慌ててしまう子もいます。(こちらは、ワンちゃん・ネコちゃんに限りません)

* 亡くなったペット達の、3タイプ *

  •  飼い主さんを心配して近くにいる子
  •  自分が亡くなったことに気が付かずに甘えている子
  •  すぐに死を悟り、次の世界に行く子

ちなみに気になったんだけど、「次の世界」に行くって、姉ちゃんはどういうイメージに視えるの?

うーん。説明が難しいんだけど・・・ペットがある時を境に、心から満足した安堵の様子で空間に溶け込んでいくんだよね。

とても、美しく黄金に包まれながら次の有機物になろうとしているようなカタチ。「成仏」っていう表現に近いのかもしれない。

飼い主さんがいつまでも悲しんでいると、なかなか次の世界に行けない子も多いんだ。

だからこそ、飼い主さんが、愛情を注いで「本当に今までありがとう」と、心から愛情と感謝で送り出してあげることも大切です

虹の橋

身体が薄くなり、黄金に光りながら空間に溶け込んでいくように、次の世界へ旅立つ

虹の橋のように、また会うことはできるのか

「虹の橋」って、また会うことが出来るっていうところが、良いなぁと思うんだよね。それについては、どう?

これは、私もまだ解明できていない部分もあるけど・・・、私が視えている事実だけを集めると、まれ変わりや前世からの繋がりというものは必ずあると思っている。

と言うのも、さっき話したように「次の世界」に向かう様子を見たことがあったり、コチラの記事(⬇)でも少し言及したことだけど、

前世からの繋がりはあるのか? その調べ方・思い出す記憶について

2017.09.04

実は以前鑑定させてもらったカップルの人達が、前世でペット飼い主の関係だったこともあって。

他にも、コチラの記事(⬇)のように、相談者さんのペットだった猫ちゃんの、生まれ変わりが北欧にいると私に視えて、その子を見つけに行った人もいたよ。

【愛する猫を亡くした方へ】死んだ猫に会いたい気持ち、もしかしたら叶うかも

2017.11.09

相談者さんの、家の近くにあるペットショップで生まれた猫ちゃんが、実はその数カ月前に亡くしたばかりのペットの生まれ変わりだった、という事もありました

これらの話をつなぎ合わせると、生まれ変わりというものは存在するんだろうなって思ってる。もちろん「絶対」とは言えないんだけど、また会うことが出来る可能性は十分にある。

そもそも、今まで一緒にいたことだって、前世からの繋がりだった可能性もあるからね。

虹の橋

ワンちゃん、ネコちゃん、ウサギ、インコ、ハムスター・・・どんなペットも、アナタと繋がっている

ペットを失った悲しみで苦しんでいる方へ

ペットを失った苦しみは、愛する人を失った悲しみと同等、もしくはそれ以上のものです。とても、苦しく辛いものだと思います。

しかし、ほとんどのペットが、実はそうしたアナタをすぐ近くで見ています

虹の橋
虹の橋
  •  大好きだよ
  •  今までありがとう
  •  また遊ぼうね

アナタのことを近くで見ているお子さん達の感情は、こうした愛情に溢れた感情です。それがダイレクトに、私には伝わってきます。

だから、アナタは安心して、「いままでありがとう」という感謝の気持ちをひたすら送ってあげて、見送ってほしいです。

SPONSORED LINK

まとめ

虹の橋・亡くなったペットの本当の話とは
  •  「虹の橋」の世界は、本当に存在しているかもしれない
  •  亡くなったペット達は、性格によって3タイプに分かれる
    •  飼い主さんがいつまでも悲しんでいると、中々次の世界に行けない子も
  •  愛したペットが生まれ変わり、今も同じ時を生きている場合も
  •  亡くなった後も、アナタとペットは繋がっている

亡くなってしまったペットは、想像以上にずっとずっと、アナタに感謝していますし、アナタのことを愛しています。物理的な肉体は滅んでしまったかもしれませんが、アナタと愛する子が過ごしたという事実は永遠に消えませんし、魂と魂のつながりも消えることもありません。

心から、感謝と愛情をたっぷりと込めて送り出してあげてください。それが、アナタにできる最大限の愛情です。

 コチラもオススメ 

【霊視】死んだペットが夢に出てくることの本当の意味、教えます

2017.11.13

【霊視】亡くなったペットに会いたい。でも、実はすぐ隣にいるんだよ。

2017.11.02

最後まで読んで頂き、ありがとうございました ! 愛するお子さんを失い、私達のサイト(URAOTO)までたどり着いていただいたこと、とても感謝致します。

私にできることや、何か視てもらいたいことはいつでもお力になります。いつでも、私を始め、プロの占い師・霊能師達がチカラになれるよう、最大限努力していきます。

* 記事リクエスト募集中 *

「こんなテーマの記事が読みたい」「こんな話が聞きたい」そんな、姉・弟へのリクエストを募集しております!ご要望は、各記事のコメント欄よりお伝えくださいね。

SPONSORED LINK
虹の橋

* 今人気の「電話占い」*

アナタを変える「電話占い」

ココだけの裏話も

SNS

SNSでは、サイトにない裏話など、たくさんの情報をお届けしています!

フォロワー様限定で、ランダムに、霊視の無料プレゼントも実施中

詳しくは…↓

Facebookはコチラ

Twitterはコチラ

* 姉への相談はコチラ *

6 件のコメント

  • 今回も為になる話をありがとうございます。

    扱っていただきたい話なんですが、この先どうやって生きたらいいのか?生きる上での選択の仕方をアドバイスしていただけたら嬉しいです。
    例えば、職業とか結婚とか。

    今まで割と自分の直感で選んできたつもりなんですが、失敗が多かったような気がします。

    自己責任だと自覚はしてますが…

    • コメントありがとうございます。
      どう生きるべきか、生きる上での選択に関してかしこまりました。
      姉と相談し、数ヶ月をめどに作成を検討させていただきます。
      もし、作成できなかったら申し訳ないですが、テーマとして面白い感じました。

      • 今月4月9日に命よりも大切なワンちゃんが
        亡くなりました。悲しすぎてどおしたらいいか、
        私の腕の中で亡くなりました。最後は苦しまずに逝ったのでしょうか、心臓がわるくて、いつもより、元気そおなので、家でシャンプーをしてあげたのですが、シャンプーをしてから体調がわるくなって、次の日亡くなりました、シャンプーをしたせいで亡くなったのでしょうか、わんちゃんの
        気持ちを、知りたいです、私のせいで、わんちゃんが亡くなってしまったと、辛い日々を送っています、助けて下さい。

        • かよ様

          コメント、ありがとうございます。まずはお悔やみ申し上げます。
          また、私共のサイトにたどり着いていただき、ありがとうございます。
          もしかしたら、姉が原因などわかるかもしれません。
          こちらから、姉に直接相談をしてみてください。
          https://uraoto.official.ec/

          まずは、心労などあるかと思いますのでかよ様のお体をご自愛下さいね。

  • 去年の冬に19歳のメス猫を腎不全無事看取りました。腫瘍が首と唇に出来てましたけど、悪性ではなかった事と高齢手術のリスクを重視してパスしましたが、結果的ですが死因は緩やかな進行でしたが腎不全でした。

    不思議な子で、普段物静かで自分の事に関しての要求も何かを強く訴える事は滅多にしないのに、先に見送った先住猫が傷口から膿が吹き出すほどになり、病院から処方された薬を飲ませてたのですが、それが一苦労で、毎日難儀してて、ある時はギャーギャー全力で嫌がってたら、その子がビックリするほどのスピードですっ飛んできて、私の手に飛び付いて噛みつくのです。
    あそこまで激しい訴えの出来る事に驚きましたが、争いを嫌い、他人の痛みを心配してばっかりで、良く膝の上においでってお願いしたものです。必ずどんな時も来てくれましたけど、私が結婚してからはパッタリ来てくれなくて、今度は母親にいつも寄り添ってました。

    新しく3匹目の瀕死の子猫を引き取った時も、心配で仕方がない様で、無理にでも覗き込んでた表情が忘れられません。
    なんと言うか目尻が下がった様な何とも言えない優しい顔で、初めて見た表情だったと思います。
    でもノミや寄生虫の感染の問題をクリアするまでは隔離する予定でしたが、何度引き離してもドアまで削ってでも子猫に近付こうとする気持ちに負けてしまって、ゲージがら出して対面させてあげると、もう子猫が風邪引くんじゃ無いかと思うぐらい全身を舐め続け、離そうとすると、抱え込んで取り上げないでって必死の懇願の顔で訴えるのです。
    先住オスが去勢済みでしたからこの子は去勢しなかったのですが、ここまでの母性愛の強い事に驚きと、子供を産ませてあげなかった事に申し訳なく思い、新しい子猫の面倒と教育を託しました。
    それは最後の時を迎える直前まで変わらずの母性愛でしたし、同時に私達人間への愛情も変わること無く注いでくれましたので、菩薩様なんじゃないかって良く話したものでした。

    そんなある日、先住オスを初めて看取った悲しみも癒えた数年後、先住オスも映ったビデオを懐かしんで見てる時、懐かしい鳴き声を聞いた瞬間でした。
    急に玄関迄走って行って、戻って来てはキョロキョロとなにか探し始めてたので、慌ててビデオを切ったのですが、かなり長い時間色んな場所に顔突っ込んで探してました。
    このこの子の愛の深さに対して申し訳なくて。。
    誇らしさもありますが、何て言うか頭が上がりません。

    猫を尊敬したのもこの子が初めてだったので、検診の時から腎臓の数値と最後に向けて考えられる全てを 頭に叩き込む様にして、いざその時に私だけはうろたえずに、この子に心配させるような言動を見せない様に、経験談を読んだり、イメージしたりしては、一人部屋でいっぱい泣きました。
    溺愛して孫の様に可愛がってた母親には必要最低限の事だけ伝えてましたが、その日が近いことを伝えた時、もしかしたら痙攣したりのけ反ったりして逝くかも知れないけど、毒素が脳に達した症状で、本人にはもう意識も無く、筋肉の反応なだけで痛みは感じて無い事。そしてその昏睡からは戻ってくる事は無い事。
    それまでこちらの事情で無理に引き留めたり、悲しいけど、そばでうろたえたりしないようにしよう。
    精一杯の感謝で見送ろう。いつか違う形で絶対会えるって感じるから、そういう必然的な繋がりだと思って暫しの別れが、先の楽しみになるよう祈ろう。
    と話しました。
    その数時間後、明らかに目に意識が無くなり、短い痙攣を繰り返して、最後に大きな痙攣起こし、母親の胸に抱かれて旅立っていきました。

    この時、私も感情が溢れてしまい、有り難うね。大好きだよ。バイバイ。ウルちゃんと母と泣きながら肉球を握ったのですが、この時、直前の力の無かった目では無く、明らかに反応してた様に感じたのと、バイバイって言った時に手を握り返してくれたのです。
    事前の予備知識とは違ったし、最後の愛情を貰ったと思ってるのですが、実際はどうだったのか解りません。
    私達がそう思ってれば救われもしますが、この子が最後に母に抱かれて手を握って安心してくれたお別れだったのか、今でも考えてしまいます。
    本人にしか解らない事なのでしょうけど、可能性としては通じ会える事も有るのでしょうか?
    ご存じでしたら教えていただけますか?

    それともう1つ。
    この子が育てた娘の事で、見送った後いつもの場所に寝かせ花を手向けて、私は部屋で、母親は風呂に入ってた時なのですが、普段滅多に声を出すことの無い娘猫だったのか、悲しそうな雄叫びに近い声が聞こえて、初めは外の猫かと思いましたが、私の涙が止まってから様子を見に行くと亡骸のそばで香合座りしてました。娘猫だったとして、急なおーーーん。うわおーーーん。の鳴き声を聞いた時、何があったと思われますでしょうか?
    母猫愛情が深かったので、人間に対して依存する必要が無かったのか、感情表現が不器用で気難しい所もありますが、実は一番の甘えん坊なのかな?って勝手に思ってます。

    それ以外に野良猫にも距離置いた上で、餌と怪我や病気の子に猫用の抗生物質を数日与える程度でしたが、子猫を見せに来たり、困った時に助けを求められたり、恐らく最後の挨拶だと思う訪問にも猫の義理深さや、人との相互関係を教えて貰ってましたけど、あくまで野生との関わりで絶対飼わないと決めてましたが、保護と去勢が落ち着くまでの6年間の付き合いでしたし、私の自己満足で、ただ止めるに止めれなかっただけで感謝される事でも無い問題行動でしか無かったのですが、その殆どが真っ白猫だった事が普通じゃなかったと聞きました。
    そんな自宅での共存生活で、先住オスの死後から数ヵ月後、詳細は割愛しますけど、これまでとは生い立ちから異なる一人っ子のオッドアイ、母親と何があったのか、考えられない場所に取り残されて、4日間鳴き続ける声にも同情はしたものの、もう新たな家族を迎えないと決めてたのに、色んな所から、考えられないような偶然が何十にも重なり、一旦は保護したものの、間接的に依頼された理由での保護で、それも母親が来たら優先して返す筈だった保護だったのに、お互い出会うべき瞬間に出会うべくして出会ったとしか考えらません。
    何よりもかけがえの無い存在で、この子の最後には、一緒に旅立ち永遠にそばに居たいです。
    今までは、別れの時には、どんなに苦しくても、泣きながらでも、それぞれの子に対してその子に一番と思える事をしてあげたいので、別れの予行演習や、イメトレは必要だった経験だったのですが、このオッドアイの白猫だけは、想像だけで耐えきれません。どうしてもその後生きていける気がしません。この子が同じ思いで居てくれるなら、もしその時には親も他界してるなら。そこが私の人生の終わりであって欲しいとしか思えないのです。
    具体的な事を考えたり、自分ではネガティブというより、そう思うと安堵感を感じます。
    それが決められた運命だったら素晴らしいですけど、今この貴重なコイツとの時間にそんな考えで悲しくなってる場合じゃなく、一緒にこの幸せをもっともっと感じたいし楽しみたいのに、そう思えば思うほど、いつか必ず訪れる日の事に繋がり、結論は耐えきれない。耐えない選択になってしまい、泣き晴らして同じ結論で安堵する。を繰り返してます。

    ペットロスで狂ったのでしょうか?
    困ってる訳でも有りませんが、色々知りたくて仕方がありません。気休めやアドバイスは有難いのですが、私が知りたいのは事実と現実なんだと思います。
    それが綺麗事じゃなく、恐ろしい内容だとしても、どうしてもいつか知りたい。

    長々となってしまって申し訳有りません。
    私が感じてるだけの独りよがりかもしれません。
    天寿を全うして、誰かを思いながら、誰かに思われながら思いあって、優しい演技だったとしても、受け入れて安心しながら看取られて逝ける猫が本当に羨ましい。
    私がそうでない孤独に押し潰される可能性は高いですが、そんな私の命よりずっと大切に思ってる人達が生きてる限り、もし迷惑でなければ、私が出来る事、してあげられる事、それでも至らない私の後悔より、どう感じて貰えるのかの事の方が何百倍、何千倍も大事です。それが悲しい別れだとしても良かったなって事に成りうる選択を間違いたく無いです。
    それに近付く為にも、ご存じでしたらご意見頂けたら幸いです。
    宜しくお願い致します。

    • レオ天使様

      コメント、ありがとうございます。そして、辛い心情を吐露していただいたこと、感謝します。
      本当にありがたいです。

      また、私共のサイトにたどり着いていただいたこともとても嬉しいです。
      当サイトが何かお力になることはできましたでしょうか。

      細かなことや、今の現状など姉が原因などわかるかもしれません。
      こちらから、姉に直接相談をしてみてください。
      https://uraoto.official.ec/
      ※現在相談が殺到してしまい閉じておりますが、月に数回解放しております。

      お心疲れなど必ずあると思いますので、ご無理は禁物です。
      何卒、お身体ご自愛下さいませ。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    弟

    URAOTOサイト運営者。姉とは実の姉弟。幼少期から姉の不思議なチカラを間近にみているが、そちらの世界はあまり興味がない。霊能力は才能はあるが、極度のお化け嫌い。皆さんに客観的な視点から姉のエピソードをお伝えする役割。