この2人は何者?

笠間稲荷神社に行ってはいけない人の特徴とは?NG行為についても解説

「お稲荷さん」の愛称で親しまれる笠間稲荷神社は、毎年多くの参拝者が訪れます。しかし、

笠間稲荷神社に行ってはいけない人がいることをご存知でしょうか?

・笠間稲荷神社に行ってはいけない人の特徴とは?

・笠間稲荷神社でやってはいけない行為はあるの?

・笠間稲荷神社に好かれる人の特徴とは?

など、正しい知識を得てから参拝に行くことをおすすめします。そこで今回は、笠間稲荷神社に行ってはいけない人の特徴や、NG行為について解説します。

また、笠間稲荷神社に好かれる人の特徴についてもご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

笠間稲荷神社に行ってはいけない人の特徴とは?

笠間稲荷神社には、行ってはいけない人がいると言われています。以下の条件に複数当てはまったら、参拝を控えた方がいいかもしれません。

【体験談】言霊の効果とは?使う言葉で人生が変わる

ネガティブ思考な人は要注意

笠間稲荷神社は怖い神社ではありませんが、お稲荷さんやキツネに恐怖心を抱いている人は参拝を避けた方が良いでしょう。なぜなら、恐怖心があると純粋な気持ちで信仰することが難しくなる可能性があるからです。

また、有名な笠間稲荷神社では多くの参拝者が集まり、ネガティブな感情を持つ人は悪い気を引き寄せるリスクがあります。運気が下がる可能性も考慮して、参拝には注意が必要です。

悪だくみをしている人は行ってはいけない

お稲荷さんは人の考えを見透かす力を持ち、穢れや不浄なものを嫌います。そのため、悪だくみをする人は歓迎されません。

悪意を持って参拝すると罰が当たる可能性があるので、「人を不幸にしたい」といった悪意を持つ願い事は避けるべきです。

お稲荷さんの怒りを買うことは危険なので、参拝する際は自分や周りの人たちの幸せを願うことが大切です。

笠間稲荷神社と相性の悪い人の特徴5選

笠間稲荷神社と相性が悪い人がいると言われています。その特徴としては、以下の5つが挙げられます。

・体調が悪くなる

・不安やイライラを感じる

・天気が悪くなる

・道に迷う

・カラスや虫が多い

もし、これらの条件が複数当てはまる場合、笠間稲荷神社との相性が悪い可能性が高いと言えます。もし体調が悪くなったら、無理をせずに境内から離れることをおすすめします。

笠間稲荷神社でやってはいけないことは?

笠間稲荷神社では、やってはいけない行為があります。特に、笠間稲荷神社ではキツネが神様の使いとして祀られているため、キツネが嫌がる行為は避けたほうが良いと言われています。

笠間稲荷神社でのNG行為

笠間稲荷神社では、やってはいけない行為があります。そのNG行為については以下の3つです。

・大騒ぎをする

・ゴミを捨てる

・定められた場所以外での喫煙や飲酒

神聖な場所ですから、不適切な行動は避けましょう。同様に、ほかの参拝者にも迷惑をかけないように心がけることが大切です。

お稲荷さんが怒る行為は?

お稲荷さんが怒るといわれる行為があります。その行為については、以下の4つが挙げられます。

・お稲荷さんに対して不敬な態度をとる

・お賽銭を投げる

・犬を連れて行くと神様の使いのキツネが怒る

・火を見せると火が嫌いな稲荷神が怒る

お稲荷さんに対して失礼な態度を取ると、何かしら不吉なことが起こるとされています。心を込めて参拝することで、ご利益を受けることができるでしょう。

笠間稲荷神社に好かれる人の特徴とは?

笠間稲荷神社に呼ばれたり、お稲荷さんから好かれる人の特徴もあります。これらの特徴が当てはまる場合、笠間稲荷神社に参拝すると良いことが起こるかもしれません。

「吉凶サイン」とは?吉凶の意味、種類について聞いてみた

笠間稲荷神社に好かれる人の特徴

笠間稲荷神社に好かれる人の特徴もあります。その特徴については、以下の3つが挙げられます。

・お稲荷さんを崇拝している人

・食や産業に興味がある人

・良い人生を歩んでいる人

特に、お稲荷さんを崇拝している人は好かれると言われています。

お稲荷さんは私たちの心の中を見抜くことができるため、お稲荷さんを崇拝すればするほど良いことが起き、反対にお稲荷さんを蔑めば不吉なことが起こるんだとか。

笠間稲荷神社に呼ばれるサイン

笠間稲荷神社と相性が良く、お稲荷さんに招かれる人もいます。笠間稲荷神社に呼ばれるサインについては、以下の3つです。

・歩いていたら突然稲荷神社に辿り着いた

・キツネにまつわるものをよく見かける

・赤いものをよく見かける

これらに当てはまったら、笠間稲荷神社に呼ばれているサインと言われています。笠間稲荷神社に参拝に行けば、何か良いことが起こるかも。

笠間稲荷神社について

日本三大稲荷のひとつでもある笠間稲荷神社は、どのような特徴を持つ稲荷神社なのでしょうか。ここでは、笠間稲荷神社の歴史やご利益について解説していきます。

笠間稲荷神社とは?

笠間稲荷神社は、茨城県笠間市にある稲荷神社です。日本三大稲荷のひとつに数えられ、毎年300万人を超える参拝者が訪れるほど、人気の高い神社でもあります。

京都市伏見区深草に位置する伏見稲荷大社が神道上の稲荷神社の総本宮となっており、おおもとである伏見稲荷大社から分け与えられた神霊が祀られています。

笠間稲荷神社のご祭神とご利益

笠間稲荷神社に祀られている神様は、宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)です。

宇迦之御魂神は、「食物」「農業」「工業」の神として知られており、商売繁盛や仕事運、金運にご利益があるとされています。そのため、事業成功や収入増加を望む方が多く訪れているんだとか。

笠間稲荷神社の歴史

笠間稲荷神社は651年に創建され、1350年以上の歴史を持つ神社です。当時、この地域は開拓が進んでおらず、人々は自然と共に生活していました。

そこで、収穫や商売繁盛などのご利益があるとされる「宇迦之御魂神」への信仰が始まったのです。

江戸時代末期には本殿が再建され、その美しさや風格が多くの人々に讃えられ、1988年に国の重要文化財に認定されたことで、現在も多くの人々に愛される稲荷神社となっています。

笠間稲荷神社が怖いと言われる理由は?

笠間稲荷神社については、一部で「怖い」と感じる人もいます。その理由のひとつに、祟り神が祀られていることが挙げられます。

霊感のある人はその存在を感じ取り、恐怖を覚えることがあるため、「行ってはいけない危険な神社」として名前が挙がることもあるそうです。

また、神社に佇むキツネも神様の使いとして知られ、その姿を怖いと感じる人もいます。

一度参拝した笠間稲荷神社には毎日通わないとキツネに呪われるという噂もあり、こうした噂話が広まったため、怖いというイメージがついてしまったのかもしれません。

シャンプー時の後ろの気配は気のせい?正体と気配への対処法!

まとめ

今回は、笠間稲荷神社に行ってはいけない人の特徴について解説しました。その特徴については、以下の5つが挙げられます。

・ネガティブ思考な人

・悪だくみをしている人

・相性が悪い人

・迷惑な行為をする人

・お稲荷さんに失礼な態度を取る人

お稲荷さんは人の考えを見透かす力を持つといわれています。そのため、悪意を持って参拝すれば罰が当たる可能性がありますが、一方で、誠実な気持ちで参拝すれば幸運をもたらしてくれることでしょう。

世界を旅する霊能師の姉と、本物の石との出会いの物語

コメントを残す

ABOUT US

著名人・政治家など約1万人もの霊視や占いを行ってきた「姉」をもち、その経験を語り継ぐ【弟】です。 実の姉弟であり幼い頃から姉の不思議な力を間近にみてきたが、そちらの世界はあまり興味なし。霊能力の才能があるそう(姉談)だが、極度のお化け嫌い…。 客観的な視点から、皆さんに姉のエピソードをお伝えしていきます!