不安感を薬で克服したいと考えているアナタに、今一番知ってもらいたい1つのこと

当サイト「URAOTO」を運営している「」です

姉の不思議な体験を、一番間近でみてきました

」です。【占い師・霊能者】と呼ばれます

幼い頃からのチカラで、今まで多くの方の「未来・過去・あの世」などを視ました。私の経験が、皆様のお力になれば嬉しいです

前回、コチラの記事(⬇)で、自宅でもできる不安解消法について、ご紹介しました。

有名占い師の【不安解消法】とは:85%対処OK、ただし残り15%は・・・

2017.08.24

今すぐに不安感を解消できる!効果的方法のワケと意味(パワースポットの効果も)

2017.08.24

しかし、あまりに強い不安感のため、薬で対処されている方や、処方してもらった方が良いか、悩んでいる方も多いと思います。

そこで今回は、不安と薬の関係や、そもそも不安は、薬で解消できるのかについて、占い師として世界で活躍する「」に、「」である私が聞きました。

コチラもおすすめ
プロだから伝えたい、アナタを変える「電話占い」という選択肢
自分のホンネがわかる「種族占い」はじめました

今回のテーマ
  •  不安感に対する、薬の本当のこと
  •  薬とスピリチュアル世界の、意外な関係
  •  それでも、今すぐ薬で何とかしたい!方へのメッセージ
SPONSORED LINK

不安感が強く、薬に頼りたくなるアナタに伝えたい、1つのこと

――姉ちゃんのもとにはさ、不安が強くて苦しんでいる人が、よく相談に来るじゃない?そういう中で、「オススメの薬教えて下さい!」ってのもあるの?

うん、あるよ。占いってものをやっているからには、何らかの悩みを抱えている人がほとんどなんだよね。その中で、

  •  将来に対する、漠然とした不安
  •  人を信じられない、対人関係の不安
  •  恋人ができるか・結婚できるか、不安

という人は、とても多いよ。そして、そういう方から、

どうしても「オススメの薬」を教えてもらいたいのですが、何か良いものありませんか?

って聞かれたりする。

みんな、すぐに「薬」に頼ろうとしがち

確かに、心の問題でも、不調を治すには「薬を飲まないと!」って、思っちゃうかも。そういう方には、なんて答えるの?

まず、大前提として、私は医師でも、薬剤師でも医療従事者でもない、ということを伝えるよ。

たしかに。占いの専門家であっても、薬学・医学のプロではないもんね。

そうなんだよ。少しネットで検索すればわかるけど、「不安感 薬」で検索するとそれこそ、たくさんの薬の解説がバンバンヒットするよね。これほど、世の中、不安感を、薬でどうにかしようって、情報を欲している人がいるのか、とビックリするほどに。

でも、私はそうした薬を試したことがないから、薬の効能や効果自体については、何とも言えないというスタンスなの。私は基本的に、自分の視えるもの・信じているものを伝えるのみだから、

薬に関しては、その専門家にお話を聞いて下さい

って、お伝えしている。薬で救われた人も多いと考えている一方で、薬に頼り切るのもよくないと思うからね。

日本の「薬の消費量」って、世界でもトップクラスらしいね。糖尿の薬を飲んでいる人が、コーラや甘味料の入った炭酸を、ガブガブ飲んでいたり・・・日本人って変に、「お医者さんと薬」にすごい信頼をおいているというか、なんというか・・・

というか、そもそもの「薬」の歴史と、現代の「薬」ズレが生まれているように感じる。不安感を感じていて、まずは薬!って考える方に伝えたいのは、このあたりかもしれない。

不安 薬

占い師・霊能師は、医師や薬剤師ではない

そもそも、薬の原点・歴史とは

歴史的な話をすると、薬って、紀元前4,000年頃のメソポタミア文明で、もうあったの。その時は、主に植物が使われていたみたいだよ。

日本では、紫式部を始めとする【平安時代の女性たち】の間で、使われていたとされている。日本も同じように、薬として植物が用いられていたそうだよ。

そもそも「」という漢字は、【くさかんむり】に『楽』という字の組み合わせです。このように、植物が元になって、できているんですね。

薬は、仏教とも、関わりが深い

仏教の世界でも、「」は重宝されていたのよ。唐招提寺でも有名な鑑真(がんじん)さんも、日本で初めての受戒僧(じゅかいそう:お坊さんの資格を与えることの出来る人)として取り上げられる事も多いけど、薬にすごく詳しい方だったんだよね。

日本に渡航するために失明してしまったから、その代わりに「鼻」がとても発達して、いろんな薬を嗅ぎ分けて鑑別したそう。そして、聖武天皇や、その奥さんを救ったとも云われているね。

現代は「医者」と「僧侶」って、対極の存在のようなイメージだけど、昔は苦しみを救うものとして「薬」を扱うのは【僧侶】といった、現代ではスピリチュアルの世界に分類される人たちだったんだ。

不安、病気などの苦しみを救うものとして、仏教と薬の距離はとても近かったんだね

鑑真達がまとめた、60種類もの薬物リストである「種々薬帳(しゅじゅやくちょう)」今も、東大寺正倉院に、1250年前の薬が現存している

苦しみを救うものとしての薬は、昔からあったんだね。そして、仏教と薬の距離はとても近かったわけだ。今回は占いとか霊能力とかの前に、日本史の授業のようだね。

私はわかりやすい様に「占い師とか霊能者」と皆さんにはお伝えしているけど、本来「学者」でもあるからね。こういうのも伝えていきたいと思っているよ。

――元々は、人間の「自己治癒力」とか「健康」が先にくるはずなのに、今は「薬」前提の「健康」のようになっているのかもね。

そうだね、薬によって助かる面もたくさんあるし、現代の薬が人類に貢献してきたのは間違いないけれど、薬が全てではないってのが大切だね。

鑑真さん達が作ったような植物由来の「薬」はあったけど、その根幹にあるのは「病気は身体が治す」という考えだよね。あくまで薬は、それをサポートするもの。

人間には、身体の中に「100人の名医がいる」とも言われます

そういった免疫のチカラが、鼻水やクシャミ、頭痛や熱を引き起こす。だから本来は「身体からのSOS」であって、それを薬で止めようってことが、そもそも間違いなのかもね。それって、根本の解決じゃないから。

病気は身体が治すものではなく、薬が治すもの」という考えは、現代、誰かの意図で作られたもののようにも感じるよ。

――とはいえ、不安感を、いますぐ薬で何とかしたい!っていう人は、どうすればいいんだろう

今すぐ薬で何とかしたい!という方は

姉ちゃんの言っていることはわかった。理屈としては納得。でもさ、不安感を抱えている人にとって、大切なのは理屈じゃなくて、「今すぐこの不安感をなんとかしてくれ!!薬でもなんでもいいから止めてくれ!!」ってことだと思うんだけど、それについてはどう思う?

そうだよね。すごいわかる。私もさっき、偉そうなこと言ったけど頭痛がひどい時、市販薬飲んでいるからね。

たしかに(笑)ロキソニン飲んでるよね

うん、だって頭ガンガン痛いんだもん(笑)つまり、不安でたまらないって人も、同じコトだもんね。そんな時は仕方ないよ。現代の薬で救われる人も多いだろうし、それを頭ごなしに否定するワケじゃない。薬を飲みたくて飲んでいる人はいないもんね。

ただ、大切なことは、「さっきの理屈や歴史を知っていて飲むのと、知らないで飲むのでは大違い」という事。病気は身体が治すという考えと同じで、心の不安感は、元々の心を強化することが大切というのを、しっかりと頭に入れておいてほしいの。

自宅で、気軽にできる「不安感の解消法」もあります

詳しくは、コチラ(⬇)を参考にしてね。

今すぐに不安感を解消できる!効果的方法のワケと意味(パワースポットの効果も)

2017.08.24

――なるほどね。その他に、アドバイスはある?

よくある話で申し訳ないけど、しっかりとした生活が、やっぱり基本!

食事とか睡眠ってこと?

そう。耳が痛くなる話だけどやっぱり生活の基本は「睡眠・食事・休息」だから、そこが本当に大切。

薬にどっぷり浸かる前に、生活で改善すべき点は、たくさんあると分かっていると思うけど・・・・でも、不安感でいっぱいになってしまうと、なかなか受け入れることができないよね。

それでも、生活習慣の改善が、不安感を解消する上で「薬よりも大切」だと、お伝えしたいのです

生活が乱れていると、本当に不安が高まっちゃうから。

夜更かし、睡眠不足、アルコール、運動不足・・・とかを改善しましょうってコトか。何かスピリチュアルから、すごい現実的な話になったね。

スピリチュアルのチカラで不安が一気に改善する!!ってのは、ある意味、まやかしみたいなものだよ。やっぱりその人のことを考えると、身体の機能を無理なく、ちゃんとした生活スタイルに戻すのが、一番だと思う。

普通の占い師や霊能者からしたら「不安」が商売なわけだから、そんなアドバイスはしないだろうけどね(笑)

たしかに、占い師に不安を相談して、「食事 睡眠 休息」って言われたら金返せ!!って思うかも笑

でも、生活の改善って本当に大切なんだよね。「あちらの世界」に興味をもつのも、とても面白いことだけど、その前に「ちゃんと身体を大事にした生活をしてますか?」って思うことも多々ある。でも、そういうお説教みたなこというのも申し訳ないから、中々難しいよね。

不安 薬 生活習慣

まずは、生活習慣を整えることも大切

まとめ

不安感を薬で何とかしたいアナタへ
  •  薬を頼りにする前に、まず知っておく事
    •  薬は、身体を治すサポートのためのモノ。全てになってはいけない
    •  薬と仏教などの宗教は、古代から非常に距離が近い
  •  基本として、生活習慣を整えることも大事

今回、色々と難しい話もありましたが、不安感に対してはまず、しっかりとした生活が、何よりの基本です。スピリチュアル的なことを言うと、古代から「薬」は人間の不安を解消してきたものでした。

しかし、それは「薬」が全てを解消する一番偉いモノ、という立ち位置ではなく、人間が本来持っている治癒力へのサポートという考えがベースにあります。だからこそ、まずは心を強化し、不安に対処することも重要なのです。

また、処方薬とは別に、手軽に買える「サプリメント」について、コチラの記事(⬇)

不安、憂鬱、緊張にこのサプリメント!ってちょっと待って!

2017.08.29

で、ご案内していますので、ぜひ読んでみて下さいね。

 コチラもオススメ 

不安で仕方がない時、知っておくと心が軽くなるたった1つのこと

2017.09.01

不安が強いけど、巷の「克服、解消法」がしっくり来ないあなたへ

2017.08.30

最後まで読んで頂き、ありがとうございました ! 不安や不調に対して、安易に薬に頼り過ぎるのは、ご注意くださいね。

前の記事でもお話ししたように、霊的要因がある、危険な不安感の場合もあります。そうした悩みに、私を始め、プロの占い師・霊能師達がチカラになれるよう、最大限努力していきます。

* 記事リクエスト募集中 *

「こんなテーマの記事が読みたい」「こんな話が聞きたい」そんな、姉・弟へのリクエストを募集しております!ご要望は、各記事のコメント欄よりお伝えくださいね。

SPONSORED LINK

* 今人気の「電話占い」*

アナタを変える「電話占い」

ココだけの裏話も

SNS

SNSでは、サイトにない裏話など、たくさんの情報をお届けしています!

フォロワー様限定で、ランダムに、霊視の無料プレゼントも実施中

詳しくは…↓

Facebookはコチラ

Twitterはコチラ

* 姉への相談はコチラ *

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

弟

URAOTOサイト運営者。姉とは実の姉弟。幼少期から姉の不思議なチカラを間近にみているが、そちらの世界はあまり興味がない。霊能力は才能はあるが、極度のお化け嫌い。皆さんに客観的な視点から姉のエピソードをお伝えする役割。