【魔除け、お守り、邪気払い】ガチ霊能者が経験則で語る、知らない人は損しているなぁと思うこと

魔除け、お守り、邪気払い
URAOTO運営者の弟です。姉の不思議な体験を身近で見てきました。このサイトではそうしたことを多くの人に伝えていきます。姉からは昔から「ゆうぴ」と呼ばれています
姉です。占い、霊能者というカタチでよく見ています。このチカラで今まで世界中の著名人の未来や過去、あの世などみてきました。幼少期から見えていたので何か偶然持っていたチカラなのかなとも感じています。祖母、親戚も同じだったので、遺伝なのかもしれません。心霊的なものというか、どちらかというと、脳科学や量子学と近いのではないかなと考えています。このサイトで私の体験談から皆様のお力になれればと思います。弟からは「姉ちゃん、アネゴン」って呼ばれています

こんにちは、URAOTO運営者の弟です。今回は“魔除け”について。ちょうど、魔除けに関しての記事の作成を検討していた所、東京国立博物館内で魔除けをテーマにした展示をおこなっていたので、姉と取材に行ってきました。

感想として、魔除けと日本人、さらには各国の文化というものは、非常に根強いということでした。そして、世の中の多くの方が魔除けについての正しい知識を持っていないから損をしている!

URAOTOで、魔除けについて伝えるのならばちゃんとしたものを、ちゃんと伝えたいんです。適当にネットで紹介された高価な「おすすめグッズ」を皆さんには購入してもらいたくないのです。

歴史が証明しているように、古代から魔除けというものは大きな力もありますが、使い方次第ではよくないものを引き寄せてしまうこともあります。だからこそ、魔除けについて、しっかりとした基礎知識を身につけましょう。

今回の記事を読むことで、魔除けについての基礎知識。魔除けの方法、さらには、国立博物館内で撮影OKだった、非常に魔除け効果の高いエジプトに伝わる魔除けの画像もご紹介致します!それでは参りましょう!

今回得られること

  • 魔除け、お守りについてプロはどのように考えているかわかる
  • 魔除けグッズの真実がわかる
  • 日本と世界の魔除けについてわかる
  • 最強の魔除け画像が手に入る
  • 魔除けとパワーストーンについてわかる
  • 魔除けと植物についてわかる
  • 魔除けと塩の知らない事実についてわかる

■目次

魔除け、お守り、邪気払い。これらをちゃんと理解していない人がとても多い

SPONSORED LINK

魔除けについて、姉ちゃんどう感じている?魔除けとかお守りって効果あるの?

――魔除け、お守り、邪気払いって、Googleによるとすごい数の検索数があるのね。こういうのはどう思う?

姉:今回、博物館行って改めて思ったけど、人類の歴史と占い、魔除け、神仏、スピリチュアル、あの世、霊っていうのは、ものすごく距離が近いと改めて考えさせられた。

今はテレビの影響とかあって、あの世・心霊・スピリチュアル・神仏とか、占い・魔除けっていうのはキワモノ扱いというか、エンターテイメントやお遊びとして扱われているでしょ。そもそも、その立ち位置がおかしいんじゃないかなって思った。

科学を手に入れて人間は何でもできるって勘違いしちゃったんだろうね。人間のそういった奢りが世界中で行き詰まって色んな問題を起こしているわけでしょ。自然を大切にする心とか、人を大切にする心とかそういったものが希薄になってきているのではないかなととても思う。

――そもそも、魔除けや占いってものも昔は当たり前だったんだもんね?

姉:占いとか、魔除け、神仏がキワモノ扱いされてきたのって本当にここ数十年のことでしょ。そもそも、私達が使ってる漢字の起源は占いにあるからね。カメの甲羅、牛、羊の骨を占いに使っていて、その文字が漢字の起源だからね。それと、同じで魔除けとかお守りっていうのを信じる心は昔は当然のようにあったわけだよね。

天候、国家の大事、天変地異とか、死後の世界とか人間ではコントロールできないものに対して、未然に防ぎたいからと効力を発揮していたのが占いとか、魔除け、お守りだったわけだよね。

骨 占い

【甲骨:動物の骨を焼き未来を占うもの】ここに書かれた文字が漢字の起源となる。
(提供:国立博物館 撮影URAOTO弟)

――魔除け、お守り、邪気払いと広義でのスピリチュアル(霊や神仏)っていうものはあって当然だと考えている?

姉:あって当然だね。私はそういったものが直接見えてしまうから当然といっても、説得力ないけど、必ず科学でこういったものが解明されると思う。まだ、科学が追いついていないだけでこういった世界が解明されるのはすぐそこだと思うよ。

あと、魔除けやお守りの効果という観点だと、もちろん効果はあると考えている。その、効果っていうのも、「エンターテイメントやプラシーボとしての魔除け」ではなく、科学ではまだ解明されていない次元での効力というものはあると思う。

これを詳しく解説すると、後で画像付きで伝える「ウジャト眼」とかは、私には色々な人の歴代の祈りや気持ちが込められているのがそのまま見えたから、そういった人の想いや気持ちというものは力を持つし、良くないものを払うと考えているよ。

――魔除け、お守り、邪気払いには、効果があると?

姉:効果はある。ただ、その正しい使い方、持ち方を考えていない人が多い。ただ、持てばいいと思っている。

それに、そういったものを扱う方も利益優先で変なものとか、適当なものが溢れかえっているなとも思う。魔除け、お守り、邪気払いが何でも効果的かと言えばそうではないということが大切。人の不安は、格好の商売になるから、本当に注意。

魔除けやお守りのグッズってすごいたくさん販売されているよね?それはどう思う?

――これ、ネットの闇なんだろうけどさ「魔除け」って検索するとさ、魔除けのグッズ通販サイトがたくさん出てくるよね。これはどう思う?

姉:うーん。って感じ。もちろん、全部が全部おかしなものではないだろうけど大半が変なものなのかなって思う。変なものっていうか、ちゃんと見えていますか?ちゃんとした人が扱っている?って思う。

こういったものを広告に載せられて買わされる人は可哀想だな・・・って感じるよ。魔除けをしたいのに、逆効果ってのもたくさんある世界だから。

――この前、友達を見た時に出てきたパワーストーンの話とかもそうなの?

姉:この前のは、逆効果の良い例だね。30代の女性の方で、人生に悩んでいる方を見たんだけど、見た瞬間にキラキラしている何かが色んなものを吸い取っている印象を受けたんだよね。もう、本当に色んなものを吸っていた。

石とか、パワーストーンのようなものだと思ったから、それを聞いたら前の職場の人から手作りのパワーストーンをもらって、捨てられていないって言ってた。自然物である石には、やっぱり力がどうしても入ってしまうものだから、見えない人が石を趣味で扱うと厄介だなって思った。良いものも吸い付けるし、悪いものも吸い付けてしまっていた。

――魔除けグッズとか、人からもらう魔除けとか、お守りはちょっと注意が必要?

姉:くださった方には悪気はないものの、どうしてもそういったものには念が入ってしまうから、ちょっと注意だね。頂いたものだから、断るってことは出来ないだろうからしっかりと処分した方がいいね。お焚きあげとか、ちゃんとした処分を。

お焚きあげ

想いが込められているものには、しっかりと礼をして、浄火させること

SPONSORED LINK

魔除けとか、お守りとか日本には色んなものがあるでしょ?それはどんなものがあるの?

――もうさ、魔除けとかお守りって言っても本当に色んなものがあるでしょ?何を選べばいいのか、わからないんだけど。

姉:確かに、本当に色んなものがあるよね。ざっと思いつくものを上げても

  • パワーストーン
  • お札
  • 植物
  • お守り など

とかだよね。ここにさらに日本の色んな文化的なものを入れると

  • 櫛(くし)
  • 五鈷杵(ごこしょ:バジュラ)
  • 鬼瓦
  • 着物
  • 簪(かんざし)
  • 根付け など

とか、ありとあらゆる魔除けとかお守りが存在するね。ここで、それぞれを簡単に解説していくね。

魔除けとしての櫛(くし)

姉:櫛は古事記にも載っているくらい、魔除けや護符としての役割を持っているね。家族で代々引き継がれているものとかには、ちゃんとその人を守る念が入っているからとても良いと思うよ。

魔除けとかお守りっていうと、何か買わなきゃって思うかもしれないけど、実はそういった身近なものが大切だったりするんだよね。ご家族がアナタを守りたいっていう気持ちが入っているから。

櫛:クシ

櫛(くし)。魔除け、お守りとして知られていないが効果を発揮するとされている。
(提供:国立博物館 撮影URAOTO弟)

魔除けとしての鈴と五鈷杵(ごこしょ:バジュラ)

姉:鈴に関しては、悪霊を退けるっていうのがあるよね。音によって場を浄化するとか、よくないものを祓うって言う効果があるとされている。

あと、五鈷杵だね。これはあまり聞き慣れないけど、密教で使われる法具だね。金運を招く、厄災から守る、願いを叶えるとされている割と何でもできる系のお守りだね。鎌倉時代に使用されたものが国立博物館に展示されているし、大英博物館にも展示されているね。

Wikipediaによると、インドでは雷を操るとされていたらしい。ネパールの寺院にも置かれているね。

画像左:国立博物館展示の五鈷杵。
画像右:ネパールの寺院の五鈷杵。

魔除けとしての鬼瓦

姉:鬼瓦も、完全なる魔除けだね。悪いものを寄せ付けないために、怪物をデザインしたものを建物につけるという発想は世界中にあるね。日本だけではなくて、東アジアのお寺には鬼瓦が多い。怖いものから身を守るには怖いもの。という発想だね。

鬼瓦以外にも、沖縄のシーサーや中国の三彩鎮墓獣(さんさいちんぼじゅう)っていう架空の生物がお墓や家を守るっていう発想はアジアで多く見られる。カンボジアでもシーサーのような獅子が寺院を守っているよ。

鬼瓦

一番手前の鬼瓦は新羅の仏教が最盛期だったころのもの
(提供:国立博物館 撮影URAOTO弟)

魔除けとしての着物

姉:着物もクシと同じで代々受け継がれたものってあるよね。そういったものにも家族を守りたいっていう念が込められているから効果はあるよ。特に着物の背中の縫い目はお針子さんの念が一番入りやすいとされている。“縫い目”には力が宿るという考えもあるから着た人を守るために着物に漢字を刺繍しているものもあるね。

漢字の入った着物

着物の背中部分に漢字の刺繍が施されている
(提供:国立博物館 撮影URAOTO弟)

簪(かんざし)

姉:簪(かんざし)は縄文時代からあったみたいだね。古代日本では霊木となる枝に呪力が宿ると考えられていたから、その棒を髪に指すことで魔除けの意味があると考えられていたんだって。

髪に挿す→髪挿し(かみざし)→簪(かんざし)という語源だとされているね。江戸時代で多くの簪が大流行したけど、時代とともにヘアスタイルが変化して洋風の髪型になって流行が廃れていったみたいだね。でも、その一方で京都では魔除けとして今も根強く人気があるね。

簪(かんざし)

いわゆるパワーストーンを使用して作られた簪もある。
(提供:国立博物館 撮影URAOTO弟)

根付け

姉:根付けってあまり聞き慣れないけど、今でいうところのストラップだね。江戸時代では大名から庶民まで皆がお気に入りの根付けをもっていたんだって。そもそも、神社などで販売しているお守りの大半に根付けがついているよね。

この根付けには天皇家に代々伝わるものもあって、高円宮殿下は根付け収集が大好きだったみたいだね。身を守るものとしての根付けも今後注目されてくるかもしれないね。

高円宮殿下の根付け

天皇家に伝わる高円宮殿下の根付けコレクション
(提供:国立博物館 撮影URAOTO弟)

海外にも魔除け、お守りってあるの?

――日本にもこれだけあるってことは、海外にも魔除けとか、お守りってあるの?
姉:もう、わかると思うけど当然、多くのものがあるよ。よくあるのは、精霊が身を守る者として魔除け、お守りの役目を果たしていること。

古代メソポタミアでは悪霊が魔除けとして考えられていた。中でもこのパズズっていう悪霊は持っているだけで他の悪霊から身を守ってくれる最強の悪霊と考えられていたね。ちなみに、このパズズっていう悪霊は映画のエクソシストで少女に取り憑いていた悪霊だっていう設定だね。鬼瓦のように、悪いもの、怖いものが身を守るという考えは世界共通だね。

パズズ

悪霊の中でもトップクラスに強いパズズ。悪霊には悪霊を。
(提供:国立博物館 撮影URAOTO弟)

ミイラを包む布にも魔除けの効果はある

姉:この古代エジプトで発見されたミイラを包む布には多くの文字が書かれているんだよね。この文字は神官文字(ヒエラティック)というもので多くの呪文が書かれている。あの世に旅立った死者が必要なメッセージが書かれている。

Shroud of Turin

死者のための呪文が多く書かれた死者の書(提供:国立博物館 撮影URAOTO弟)

死者を包んだ布は魔除けやお守りとして考えられることが多いね。イタリアのトリノにある十字架に貼り付けられたキリストを包んだとされる聖骸布(せいがいふ)もキリスト教の信者ならどんなことをしても欲しいものだろうね。

聖骸布

今も議論が決着していない、キリストの聖骸布(提供:トリノ大聖堂)

刀、剣にも魔除け、お守りの効果はある

姉:大刀も魔除けの効果があるとされている。この韓国でみつかった大刀には文字が彫られていて

この大刀の所有者には恐れるものはなにもなく、高い地位と富が保証される

ということが刻まれている。日本も刀を親から子へと渡していくという文化があったから、魔除けとしての刀というものもあったね。

大刀

有銘環頭大刀(ゆうめいかんとうたち)(提供:国立博物館 撮影URAOTO弟)

海外の魔除けやお守りには要注意?

――これさ、少し例を上げただけでもすごいたくさんあるよね。これは、どれを身に着けてもいいのかな?

姉:海外の魔除けやお守りを手に入れたいと調べている場合は、かなり注意が必要。人には合う合わないっていうのがあるから。あの人にとっては韓国のお守りが合うけど、あの人には古代エジプトのお守りが合うとかがある。

また、魔除け、お守りコレクターになると神様達がそんなによくは思わないという場合もある。過去にあったこととして、世界を趣味で旅行しているOLが世界の色んなところで魔除けとかお守りを買っていて、それをよく思っていないバリの神様(その子はバリの神様に好かれているようにみえた)が拗ねるような感じになって少し運気を下げていたことがあった。

だから、海外のお守りとか魔除けは少し注意だね。手当たり次第なんでも身につければ良いっていうわけではない。何が自分にあうかどうかっていうのは、ちゃんと見える人と相談して決めたほうがいいよ。大半の人が間違えているから。

魔除けの石やパワーストーンにはどんなものがある?(最強のもの、組み合わせで最適なもの)

――魔除け、お守りと言えばパワーストーンって思う人が多いと思うけど、それについてはどう考えている?

姉:これは、正直に言うと私は詳しくはない。ただ、どの石にどんな力があるっていうのは見ればわかるから、その感覚と知識を紐付ける作業をしているところ。でも、今回はパワーストーンについて感じたことを伝えるね。

昔からパワーストーンで作られたものは本当にたくさんあるね。国立博物館で二番目に力を感じたのが、この金魚。これは瑪瑙(めのう)っていう宝石で作られているね。この金魚からはパワーをすごい感じた。

瑪瑙金魚

瑪瑙金魚(めのうきんぎょ)(提供:国立博物館 撮影URAOTO弟)

瑪瑙は魔除けやお守りとしてで古代から使われていた歴史があるね。中国では金魚も幸福の象徴として考えられていたから、この2つはパワーを感じたのかもしれない。

――それで言うとさ、素人感覚で申し訳ないんだけど、この石の展示場に入った時に気のせいか、息が詰まるというか、急に苦しい感覚になったんだよね。それって、何か関係があるのかな?そんなの初めての体験だった。

姉:お、それはもしかしたら目覚めだしているんじゃない!?パワーが強いものの近くに行くと、そういう現象はよく起こるよ。苦しい、息が詰まる、締め付けられそうになるっていう現象。

私はパワーストーンについてまだ、そこまで詳しいわけではないんだけど、石に力はあるに決まっているって考えている。それは高価なものが良いっていうわけではなくて、自然や大地の力を受けてきた石とその人の身体の中のものが反応しあって、良い結果になるということは必ずあると思っているよ。

魔除け、お守りとして最強のパワーストーンとか、良い組み合わせは?

――魔除けやお守りとパワーストーンって調べている人は、最強のパワーストーンとか、良い組み合わせを知りたがっているんだけど、どう考えている?

姉:これは、難しいね。なぜ、難しいというかというと誰にでも当てはまる万能のものというパワーストーンはないから。つまり、このパワーストーンはアナタに向いているかもしれないけど、これは向いていないということがある。

あえて、最強をあげるとしたら翡翠(ひすい)かなと感じた。でも、これは感覚というだけであって、はっきりとした根拠は持っていない。そして、誰にでも翡翠が良いかといったらそんなことはないから、そこも注意。組み合わせに関しても同じ。

こういった中途半端な答えで申し訳ないから、次の章で今回出会った最強の魔除けの画像を紹介するね。

魔除け、お守りに最適な待受画像は古代エジプトに伝わる神の眼

――魔除けとかお守りで検索している人にとって、「一番強い魔除けは、何なの?」ってことだと思うんだよね。それについてどう思う?

姉:繰り返しになっちゃうけど、人や用途によってお守りや魔除けは複数の選択肢から選ぶべきっていうのが答え。でも、中々選ぶことが出来ない人も多いだろうから今回の国立博物館の中であった、一番力を感じたものを紹介する。

これを待ち受け画像にしたり、魔除け、お守りとして持っておくのは悪くない。画像がこれ。ウジャド眼

ウジャド眼

ウジャド眼の垂飾(提供:国立博物館 撮影URAOTO弟)

姉:古代エジプトのものだね。古代エジプト神ホルスの左眼とされているね。「完全」だったり、「治癒」を象徴するものとされている。

――ウジャドって何なの?

姉:エジプトの守護女神だね。エジプトの壁画で誰でも一番始めに想像するのがこの守護女神だと思う。コブラの姿だったり、頭上にコブラを乗せた女性の女神。で、この女神(ウジャト)の眼がウジャトの眼だね。守護女神の眼だから古代エジプトでは魔除け、お守りとして使われてきたんだ。

大英博物館

古代エジプト壁画(提供:大英博物館)

――これが、何で今回一番気になったの?

姉:長い年月の中で人々がこれを強く信じてきたという念や歴史が見えたんだよね。これには多くの人の強い願いや念が込められている。私にはこれがすごい光って見えたんだ。これだけが光り輝いて見える感じ。金色というか、太陽に照らされているように輝いてみえた。

この眼は書いていなかったけど、エジプトから、イギリス、中国って色んな方の手に渡ったんじゃないかな。何となくそんな記憶というか歴史を感じ取ることができる。今、わらにもすがる思いで魔除けとかお守りを探している人はまずは、この画像を手元に置いておくと良いと思うよ。あなたのまわりの邪気を払ってくれる。

魔除けやお守りに木や植物ってどう思う?

――魔除けに、植物っていう考え方もあるんだけど、どうやって考えている?

姉:十分あると思うよ。木とか植物っていうのは人間よりも遥かに長い年月を生きているからね。よく木や植物と話せるって言う人もいるけど、私も幼いときは今よりも、もっと声が聞こえた。

――何か、そんなことも昔から言ってたね。

姉:植物だと、稲が豊穣の象徴としてお守りによく使われるよね。稲をお守りの中に入れている人も多い。実際に伏見稲荷では狐が稲を加えているよね。

後は、植物の中でも特に木には力が宿っている。私の友達がワンドっていう木の魔除けを作っているんだよね。ワンドっていうのは霊木を使ったステッキのようなもの。東洋思想と西洋思想がまざったような杖で、木から出るエネルギーやチャクラというものを身体にあてて、自律神経を整える形式で使うんだよね。

実際に医学的にも効果が出ているみたい。トンデモ医学と言われればそれまでだけど、木には魔除け、病から身を守るっていう発想が古くからある。

――魔除けとしての木で有名なのは

  • 南天
  • いちい
  • 槐(えんじゅ)
  • 山椒
  • 月桂樹
  • 柏の木
  • オリーブ
  • すもも
  • セイヨウネズ

みたいだよ。

姉:東洋のもの、西洋のものとか色んなものが混ざっている感じだね。桃はトゲトゲしているから、悪霊が嫌がるっていう考えがあるみたいだね。鬼が嫌がるから、桃太郎って聞いたことがあるな。

あと、山椒とかは匂いが関係しているのかなって感じる。ここで紹介しているように霊はニオイに引き寄せられるからそれを追い払うっていう考えがあるのかもしれないね。

※霊には匂いがあるとURAOTOでは考えています。そして古代から匂いを使った魔除けが多数存在しているため、霊と匂いは関係が深いのかもしれないですね

え、これ霊臭?突然来る腐敗、金属、線香、焦げ、タバコの匂いに要注意

2017.09.04

――オリーブとかは古代オリンピックで冠として使われていたよね。

姉:これは、古代ギリシャ神話からだね。ヘラクレスがオリンピアにオリーブの木を持ってきたとされている。当時オリンピアには樹木が生えていなかったから、オリーブは富や幸福、豊穣を表す魔除けやお守りとして使われていたんだ。だから、オリンピックでは冠に使われていたんだね。

――木を魔除けとして使うにはどういうことをすればいいの?

姉:木の枝を追って持ち歩くこととかは、絶対にだめ。自分がどうも調子悪いなっていうときには

  1. 樹齢1000年程度の木に抱きつくもしくは、触る(1,000年を越えるものがなければ近いものでOK)
  2. 自分のマイナスを吸い取ってもらいたいと心で伝える
  3. 木に自分のよくないものを吸い取ってもらう

神社とかには大きな大木があることが多いから、木に事情を話して吸い取ってもらうといいよ。身につけることだけが大切なわけではないから。厄除けに木や植物っていっても、使い方とか、このケースにはこれとか色々なものがあるから、ケースバイケース。だから、プロに相談することをオススメする。

ちなみに、木の中で最強クラスは、やっぱり屋久杉。屋久杉が持つパワーって本当に偉大。

屋久杉

By: Kabacchi 樹齢が古い樹木が持つパワーは偉大。

魔除け、お守りに塩を持ち歩く人いるけど、それはどう?

――塩って、「ザッツ魔除け・お守り」って感じするけど、これはどう?

姉:正直な話、塩は私は否定的。私の好きな稲川淳二さんも塩には否定的なんだよね。

――でた、稲川淳二さん笑 これは、何で否定的なの?

姉:そもそも、私自身、塩で除霊された霊を見たことがないってのが大きい。塩を持っていて霊が消えたのも見たことがない。塩を使ったグッズとか、数万円する除霊塩とかたくさん売っているけど、どこかで誰かが得しているんだろうな。おかしな商売だなって思う。水、お酒とかの方がよっぽど良いと思うよ。

――塩は全く無意味?

姉:全く無意味とは思わない。空間の浄化には効果ありそう。でも、よくあるのが神棚に塩を置いているけどその塩が湿気帯びていてカチカチだったりするんだよね。そういうのは本当に意味がないし、そういったのが苦手っていう神様も中にはいる。

どうしても、塩を置きたいのなら、乾燥した塩を湿気が帯びないように置きましょう。そして、その塩がやけに湿るようであったら、そこはよくないものがいる可能性が高い。

この記事に、塩と霊についての関係を解説しています。

魔除けの呪文についてはどう思う?

――魔除けで呪文を唱えたいって言う人も中にはいるけど、それはどう思う?

姉:呪文って本当にかなりたくさんあるよね。日本で有名なのは九字護身法だね。

臨兵闘者皆陣烈在前(りん、ひょう、とう、しゃ、かい、じん、れつ、ざい、ぜん)

って唱えながら印を結ぶものだね。日本だと漫画のナルトとかで流行ったみたいだね。

――これって、唱えれば魔除けの効果とか、お守りの効果があるの?

姉:うーん。それで言うと、本当にちゃんとできていれば効果はあるけど、ちゃんとできる人なんて全くと言っていいくらいいないでしょ。中途半端にやるなら、やらないほうがいい。

あと、こういった呪文は心を落ち着けるプラシーボ効果っていうのもある。

  • 私はできる
  • 必ず成功する
  • よくないことを跳ね返せる

って心で唱えることで自分に暗示をかけるような自己暗示として使われている側面もある。だから、呪文を唱えたからって良くないものを追い払ったり、霊を除霊っていうのは見当違い。それでも、どうしても呪文を唱えたい場合はちゃんとした方法でミス無くやるといい。

臨兵闘者皆陣烈在前

魔除けやお守り、お札を自分で作りたいって言う人はどう?

――魔除けのお守りとかお札を自分で作りたいって人が中にはいるんだけど、魔除けやお守りの手作りって危険な気がするけどどうかな?

姉:たしかに、基本はプロに作ってもらったほうが良い。どうしても人の手作りとかだと念がこもるから注意。自分で作って、自分で持つならOK。人からもらったものは気をつけてもらいたい。

パワーストーンとか、人からもらった宝石、お札、お守り、魔除けとかそういった種類の物はきちんと感謝して年末とかにまとめてお焚きあげをするのが良いかなと思う。良いものを呼んでくれる場合もあるけど、悪いものを呼んでしまう場合もあるから。

魔除け、お守りを玄関に置いている人が多いけど、それはどう?

――魔除けとかお守りって大半の人が玄関に置いているけど、それってあってるの?

姉:これは、合っていると言えば合っているけど合っていないと言えば合っていない。というのも、玄関に見当ハズレな魔除けを置いていると、良いものも悪いものも跳ね返す場合がある。よくあるのは、玄関から入ってきた新しい良い出会いを跳ね返してしまっているとかね。

あと、玄関に魔除けを置いている場合は邪気をよく吸ってくれる一方でちゃんと取り替える必要がある。何年もおいていると、お腹いっぱいになってしまって、そのまま邪気を溜め込んでしまうこともある。何でもかんでも魔除けを玄関に放置ってのは良くない。全く良くない。

魔除け、お守り、邪気払いの総まとめ

――ごめん、また今回も長くなっちゃった。

姉:1万文字超えちゃったね。本当にすいません。今回本当に伝えたいこととして

世界には多くのお守り、魔除け、邪気払いがあるのに、それをちゃんと使えていなさすぎ!

というメッセージだね。

――そもそもさ、姉ちゃんって魔除けとかお守りに詳しいけどもっていないじゃん?それってなんで?

姉:私にとって、霊は避けるものではない。受け入れるものなんだよね。わざわざ魔除けとかお守りで霊を威嚇することなく、しっかりと対話するっていう姿勢が身についているから特に避けなくても、払わなくてもいいじゃんって思う。

だから、そんなに怖がることじゃないと思う。と言ってももちろん怖いよね。ただ、必要以上に怖がらなくていいよって思う。霊も、不安も恐怖も怖がらなくていい。

特に気をつけるべきことは、その恐怖心で色々なグッズを買った結果、更に霊や不安を呼び寄せているってこともあるから、こういったものを手元に置くときは本当に、本当に要注意!って思う。

URAOTOでは全部には答えられないけど、何かアドバイスできるものがあればアドバイスします。SNSやコメント欄でメッセージいただければ必ずチェックします。
※本当に時間があれば答えますが、基本答えられないと思ってください。

それでは、魔除けやお守りに関する情報はここで終了致します。本当に長い文章を最後まで読んでくださり、ありがとうございました!かなり長い時間かけて心を込めて書いた文章なので皆さんのお役に立てることが1つでもあれば嬉しいです。何か私達の力が皆様のお役に立てればと思います!これからも、よろしくお願いいたします。

 

今回は、以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございます。「魔除けが今すぐ必要」などの悩みについては私、弟を始め、姉やプロの占い師、霊能師達がチカラになれるように最大限努力していきます。

 

次はどんな話がいいでしょうか。悪い霊が嫌いなものとか除霊の方法なのかな。それも、少しずつお伝えしていきますね。それでは、今日はありがとうございました。また是非お会いしましょう。

 

フェイスブックツイッター(姉と弟同じアカウントでつぶやいています。姉がたまにリプライからランダムで霊視やってます)で裏話など情報をお届けしますので、是非フォローしてください!また、フェイス・ブックのいいねを押して頂けると励みになります。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました

 

 

 

 

SPONSORED LINK
魔除け、お守り、邪気払い

* 今人気の「電話占い」*

アナタを変える「電話占い」

ココだけの裏話も

SNS

SNSでは、サイトにない裏話など、たくさんの情報をお届けしています!

フォロワー様限定で、ランダムに、霊視の無料プレゼントも実施中

詳しくは…↓

Facebookはコチラ

Twitterはコチラ

* 姉への相談はコチラ *

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

弟

URAOTOサイト運営者。姉とは実の姉弟。幼少期から姉の不思議なチカラを間近にみているが、そちらの世界はあまり興味がない。霊能力は才能はあるが、極度のお化け嫌い。皆さんに客観的な視点から姉のエピソードをお伝えする役割。