URAOTOショップ

故人との繋がりに必要か否か?「位牌」の正しい選び方と処分方法

故人との繋がりに必要か否か?「位牌」の正しい選び方と処分方法

当サイト「URAOTO」を運営している「」です

姉の不思議な体験を、一番間近でみてきました

」です。【占い師・霊能者】と呼ばれます

幼い頃からのチカラで、今まで多くの方の「未来・過去・死後の世界」などを視ました。私の経験が、皆様のお力になれば嬉しいです

主に仏教で亡くなった人を祀るのに必要とされている【位牌】。

お位牌入れに入れて“旅行に一緒に行く”という方もいるそうです。一体何のためのモノなのか…なんとなく受け継いでいる【位牌】をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、そんな「位牌の正しい選び方・処分方法」について、占い師として世界で活躍する「」に、「」である私が話を聞いてきました。

<ご了承いただきたいこと>

【位牌】に関しては、宗教、宗派によって考え方がいろいろあると思いますが、今回はあくまで“霊能師の姉の意見”としての記事となります。

SPONSORED LINK

故人との繋がりに必要か否か?「位牌」の正しい選び方と処分方法

そもそも【位牌】とは?

お位牌

お位牌は、亡くなられた方の戒名や没年月日(亡くなった日付)、俗名(生前のお名前)、亡くなられた年齢などを記してお祀りするもの。お位牌は故人そのものとして、毎日手を合わせる大切なもの。

引用元:はせがわ

今回は【位牌】に関して話を聞いていくよ。そもそも、姉ちゃんは【位牌】っていうモノはどんなものだって思ってる?

そうだね…この世に残された人たちの、

  •  心の拠りどころ
  •  忘れないためのモノ
  •  心の平安が保てるモノ
  •  死者との繋がりを感じられるモノ

こんな感じで思ってるよ。

なるほどね…故人に思いをはせるって感じで受け止めたらいいのかな。

そんな感じだと思うよ。

ただ、世の中には様々な宗教の方がいるし、考え方もそれぞれだからね。位牌を持ってないからと言って、その人たちが死者と繋がっていないとか、死者を大切にしない冷たい人たちだということではないし…

【位牌】はあくまで、生きている人たちの気持ちを穏やかにするモノだと思ってます。

【位牌】って“故人そのもの”って考えられてて、魂を入れる開眼供養とかするらしいんだけど、姉ちゃんは【位牌】には魂の…カケラみたいなモノって入ってると思う?

ん……それは…私はないと思ってるよ。

故人との繋がりに必要か否か?「位牌」の正しい選び方と処分方法

【位牌】は、故人との繋がりを感じるためのシンボル的なモノ

【位牌】は必要なモノなの?

じゃあ、ズバリ、姉ちゃんは【位牌】って必要なモノだと思う?

URAOTO内でもお話ししてきたけど、家族とか愛する人の死っていうのは、なかなかすぐには受け止められないし…

  •  無理に受け止めなくていい
  •  思いっきり悲しめばいい

って私は思っているよ(⬇)

家族・愛する人との「死別」- 悲しみを乗り越えるには

孤独・苦しい…大切な人との「死別」悲しみを乗り越えるためには

孤独・苦しい…大切な人との「死別」悲しみを乗り越えるためには

その人の死を受け止めるまで、受け止めてからの時間、故人に思いをはせるために、故人を懐かしむために「【位牌】があればいいな」って思う方は持てばいいと思ってるよ。

究極のところ、位牌は必要かどうか?って悩んでいる場合はどうしたらいいかな?

アナタ自身に聞いてみてください。それで決めていいです。

故人との繋がりに必要か否か?「位牌」の正しい選び方と処分方法

【位牌】が必要かどうかは、アナタ自身に問いかけて

そっか、あんまり形式とかにこだわらずに持ちたければ持つって感覚でいいんだね。じゃあ、いざ“【位牌】を持つ”って決めた方が、はじめての【位牌】をどう選んでいいかわからないと思うんだけど…

【位牌】の正しい選び方

調べてみたら、値段も数千円から数万円とかピンキリみたいなんだけど。

率直に言うと、持つって決めた気持ちの方が大切なのね。

【位牌】自体は高かろうが安かろうがどっちでもいいと思うよ。

高い位牌だから、大きさが大きいから、故人が喜ぶとか…そういったことはない?

苦笑…そうだね、それはないね…。でも、亡くなった人が生前

自分の位牌を持っていてほしい、大事にしてほしい

とかいうのを聞いていたら、本人の希望とか…知ってる範囲、できる範囲で大事にしてあげたらいいと思うよ。

いい木を使ったモノだからより何かがあるってこともないと…

故人の希望があればそれに沿えばいいし、それがなければ持つ人が自由に選んでいいよ。

そっかそっか…。今、調べると、素材も昔からの木だけじゃなくて、クリスタルのものとか種類もいろいろあるんだんね…

そうだね。現代の家のインテリアに合うモノっていうので選んでる人も多いしね。

だから、どういうモノを選ぶかはご本人の好みです。それは私がどうこう言うことではないので皆さんの判断にお任せします。

【位牌】の選び方ひとつで、亡くなった人、残された人に何かが起こるということはありません。

そうなんだ…なんかさ、昔のドラマとかで火事の時は【位牌】を持って逃げる人とか見た気がするから、大切にしなくちゃいけないのかな~って思ってるんだけど。

……基本的に【位牌】っていうのは、あくまでも形

命がけで死守するモノではないと思ってる。生きてるアナタの命より大切なものではないよね。実際に、火事が起こって位牌を取りに炎の中に戻る…それで亡くなったっていうお話も聞いたりするしね。そこまでして守らなければいけないとは思わない。

位牌のために“命”にしても“お金”にしても無理をしないでいいってことか。

そうだね…以前お伝えしたように、人は死後、魂は消えるけど“”はこの世に残ってることが多いからね…(⬇)

人は死んだらどうなるか「死後の世界」と「魂の行方」

死んだ人に会える?「亡くなった人に会いたい」時の対処法

死んだ人に会える?「亡くなった人に会いたい」時の対処法

【位牌】じゃないところで、亡くなった方とは繋がってるので位牌が全てではないと思います。

【もう悲しまないで】ペットの死後のゆくえ、その先の真実

故人との繋がりに必要か否か?「位牌」の正しい選び方と処分方法

【位牌】そのものよりも、大切に思う気持ちが大事

【位牌】を持つか持たないかは、残された人が自由に決めていいっていうのはわかったんだけどさ…先祖代々受け継がれてる【位牌】があったとして…正直、どうしていいかわからないっていうのもあると思うんだけど…

【位牌】の正しい処分方法

そうだね…そういう場合もあるだろうね…。

それも、自分は知らないような遠い先祖とかの場合は余計に【位牌】を処分したら先祖に怒られる…とか思っちゃうよね(苦笑)

世の中にはどうしたらいいかわからなくて、いくつかの【位牌】を持ってる人もいるみたいだね。

そっか…。【位牌】を持つって決めても、そんなに沢山は持てないかもしれないよね。

そういう時は、一般的には「繰り出し位牌」って言って、遠い先祖の分はまとめるとかできるみたいだけどね。

でも、扱いがわからなくて家で【位牌】に埃が被ってる…みたいな場合だったら処分しても構わないと思うよ。

処分してもいいんだ……。どうしてもちょっと恐れ多い気がしちゃうけど…【位牌】を処分する際の正しい方法があれば教えて。

もしも菩提寺とか、自分がお世話になってるお寺とかがあれば、処分をお願いしてもいいね。お焚き上げに持って行けばいいよ。

さすがに、いらないからごみ箱にポイってするのは、自分の気持ちが荒むと思うのね。だからあまりオススメはしないよね。

ごみ箱に捨てる人……この記事読むかな…

【位牌】に魂は入ってないって言ったけど、

先祖代々拝まれてた【位牌】だったら、コチラでお話ししたように“”がついてることもあるかもしれないからね…(⬇)

スピリチュアルのプロが教える、正しい“魂”の【浄化】の方法

スピリチュアルのプロが教える、正しい“魂”の【浄化】の方法

近くに頼れるお寺とかがない場合とかには、今だったらネット上で“位牌受け付けます”とかないかな?そういうところを探して送るのもいいと思います。

あ~、なるほどね。たしかにありそう。じゃあ、最後に【位牌】に関して、姉ちゃんが思ってること、お伝えしたいことをお願いします。

あくまでも【位牌】っていうのは、です。

本当の気持ちっていうのは別のところにあると思ってます。だから【位牌】が全てではないってことを肝に銘じて、そこから判断してほしいですね。

故人との繋がりに必要か否か?「位牌」の正しい選び方と処分方法

【位牌】を処分する際は丁寧に

SPONSORED LINK

まとめ

位牌の選び方と処分方法
  •  【位牌】とは、故人を偲ぶための象徴的なモノ
    •  位牌になどが宿っているということはない
  •  亡くなった人に思いをはせるのに、何かが必要な場合は【位牌】を持てばいい
  •  正しい【位牌】の選び方
    •  【位牌】自体よりも、故人を思う気持ちが大切
    •  故人の生前の意見を知っている場合は、できる範囲で希望をくめばいい
  •  【位牌】を処分するときは、丁寧に専門家に処分してもらうことが賢明

いかがでしたか?今回【位牌】について調べていたら、今まで知らなかった豆知識が増えたという方もいらっしゃるかもしれません。

たとえば、皆さんは【位牌】の数え方をご存知でしょうか?「1柱」または「1基」と数えるそうです。

故人を大切にすること=位牌を大切にすることと思いがちですが、なんだか目からウロコが落ちる気がしますね。皆さんの亡くなられたご家族や大切な方たちとの繋がりについて考える一助となれば幸いです。また、お位牌の処分についてはコチラのサイトも参考にしてみてください。

もう読んだ?

「吉凶サイン」とは?吉凶の意味、種類について聞いてみた

「吉凶サイン」とは?吉凶の意味、種類について聞いてみた

「試練」とは? 人生の試練を乗り越える方法、その意味を解説

「試練」とは? 人生の試練を乗り越える方法、その意味を解説

最後まで読んで頂き、ありがとうございました ! 大切な人が亡くなってしまったら、心の拠り所としてすがりたいモノがあってもおかしくないですよね。

もし【位牌】を作った、大事にしてる…でも、どうしてもやりきれない気持ちが募ってしまう方は気軽に誰かを頼って下さい。 こうした悩みに、私を始め、プロの占い師・霊能師達がチカラになれるよう、最大限努力していきます。

* 感想&リクエスト募集中 *

この記事を読んでの感想や、「こんなテーマの記事が読みたい」「こんな話が聞きたい」そんな姉・弟へのリクエストを募集しております!ぜひ下のコメント欄よりお伝えくださいね。

SPONSORED LINK

★ 特別レター配信中 ★

サイト未公開の「ココだけ話」や、読者限定のミニ霊視など『特別企画』も実施しております

毎週1本 無料配信中
是非ご登録を!

プレミアム記事

コメントを残す