家族・愛する人との「死別」- 悲しみを乗り越えるには

当サイト「URAOTO」を運営している「」です

姉の不思議な体験を、一番間近でみてきました

」です。【占い師・霊能者】と呼ばれます

幼い頃からのチカラで、今まで多くの方の「未来・過去・死後の世界」などを視ました。私の経験が、皆様のお力になれば嬉しいです

大切な人・愛する家族との死別

とても辛く、悲しい事ですが、時に人生において、避けて通れない重要なテーマです。

現在、死者126名を超える、平成最悪の未曽有の被害となった「西日本豪雨」でも、多くの方が被害に遭い、悲痛な思いを抱えていらっしゃると思います。

(※被害に遭われたすべての方に、心よりお見舞い申し上げます)

そして今回は、家族・愛する人の死に直面したとき、どうしたら良いのかについて、占い師として世界で活躍する「」に、「」である私が話を聞いてきました。

今回のテーマ
  •  「愛する人の死」行き場のない感情を、どうしたらいいのか
  •  必ず知っておいてほしい、1つの事
  •  新しい家族を迎えたり、再婚しても良いのか?
SPONSORED LINK

家族・愛する人との「死別」- 悲しみを乗り越えるには

「愛する人の死」行き場のない感情を、どうしたらいいのか

――姉ちゃん、今回は「愛する人・家族との死別」について、・・・とても重いテーマなんだけど、話をきかせてもらえる?

そうだね。私も、これまで多くの相談者さんの、苦しみ・悲しみを見てきたけど・・・、本当にやるせない事だよね。だからこそ、ここでお話ししておかなきゃいけないとも思ってる。

大好きな人達との、突然の別れっていうのは・・・、言葉が見つからないくらい、想像をはるかに超える悲しみだよね。そういう時には、どうしたらいいのかな?

こみ上げて、溢れてくる感情は、抑えられるものではないし、簡単に処理できるものでもない。ううん、処理する必要もないんだよ。

だから、ひたすらに悲しんでいいんだ。

思いっきり、悲しんで、泣いていい

悲しむだけ悲しんで、どうにもできない状態になっていいんだよ。後悔や、愛情思い出伝えたかった事・・・全部、混ぜこぜにして。

以前コチラの記事でも、少しお伝えした事だけど(⬇)

急に泣きたくなる人は、病気ではない大きな原因がある

2018.02.14

泣きたくなった時は、ひたすら泣いていい。年齢も立場も関係ない。いつでも思い切り泣いていいの。

涙は、いろんなストレスも一緒に流します。だから、徹底的に泣いてみて下さい。

なるほど・・・変にガマンしたり、感情を押し込める必要はないんだね。

そうだよ。逆に、無理やりコントロールしようと思って、何かにすがったり、変なものにお金をかけてしまったりとか、そっちの方が危ないから。

そういうコトはしないで、ひたすら、自分の感情を吐き出せばいいんだよ。

辛いときは、素直に悲しむことが大事

でも、そういう時って、周りの人に「そんなに悲しまないでよ・・」「もっと冷静に、大人になって」なんて、言われる事もあると思うんだ。これについては、どう思う?

そういう事を言う人って、ほんと「トーンポリシング」だね。

いわゆる、「感情的になるな」「冷静になれ」と、ささやく暴力なんだよ。

「トーンポリシング」とは

英語で書くと、

Tone(口調,話し方)をpolicing(policeする=”警察する”=批判する?)

例えば,感情的になりながら何かを主張している人に対して,主張の内容そのものに対してではなく「その言い方はまずいでしょう」のように指摘すること。

引用元:「トーンポリシング」(tone policing)という言葉。どんな意味だろう?

つまりは、「悲しみ」や「怒り」といった、アナタの素直な感情を、「そんなのに振り回されず、冷静になりなよ」とか言って、周りが制することを言うんだ。

そんな人に対しては、「あなたが思う悲しみと、私の悲しみは違うんで!」って、話でいい。だから、

徹底的に悲しませてください。今しか、きっとこの悲しみを、悲しめないから

と言っちゃっていいよ。今あなたが抱えている悲しみは、アナタにしか理解できなくて、当然なのだから。

それに、時間が経てば、また今とは違った「悲しみ」の形に、なるのですから

感情を押し殺すことに、慣れてはいけない

コチラの記事でも、お伝えしましたが(⬇)

プロだから伝えたい、アナタを変える「電話占い」という選択肢

2018.03.10

本音を飲み込んで、自分に嘘をつくことを繰り返していくと、アナタの【本心】【本当の願望】が、どんどん奥に隠れていってしまいます。

そして、後々、誰かにも同じことを強要してしまう人になってしまう恐れもある。

同じことを、強要って・・・?

自分がこれまで、感情を抑え込んで「本当はこんなに悲しくないんだ、落ち着け」って言い聞かせてやってきたんだから、他の人も出来るでしょって、なっちゃうんだよ。

それに、特に日本人は「感情を表に出さず、本性を押し殺す」事を、良しとする傾向が強いです

例えば、欧米人や、韓国・中国の方って、楽しい時も、悲しい時も、すごく感情を表に出すよね。でも、そういうのを見て、日本人は「うわ・・・、なんであんな、大げさなんだろう?」なんて、反応をしがちなんだ。

これは、日本人の国民性である「秩序を守り、規律を重視する」ことが影響しているとも、言われているね。

こうやって、社会が当たり前に、他人にも感情を抑えることを強要したり、感情を出すことを【】だと感じてしまってるんだと思う。これでは、感情に歪みが生じてしまうのも、無理ないよね。

でも、本当は「自分の素直な気持ち・感情を、そのまま出したい」「誰かに抑えつけられるのは、ストレスだ」と感じる方も、多いはずです

だから、私は感情を抑えることを否定している。後悔しないように、感情の思うままに、心の内側にあるモノを、しっかりと吐き出してほしい。

感情を出すことは、恥なんかじゃない

そういえば、姉ちゃんは、家族や恋人を亡くした人達に対して、何か視えることはあるの?

そういえば・・・・あるお葬式で、妻を亡くして、悲しみで泣き崩れてる旦那さんを、全く関係ない霊が慰めてるのを、視たことがあるよ。

必ず知っておいてほしい、1つの事

え! 全く関係ない霊が慰めてるって・・・どういう事!?

私にも、詳しくはわからなかったんだ。本当に、その方には、縁のない霊だったから。

でも、おそらく・・・あまりに強い悲しみに寄せられて、「それではいけない」という事を伝えたかったのかもしれない。

亡くなった方のためにも、死を受け入れる事が大切

私が思うに、悲しみに暮れる人々が、亡くなった方に対して「戻ってきて」とか、「私も死ぬ」とか強く思っちゃうと、本当に戻ってきちゃうと感じるんだよね。

そうすると、亡くなった人は「あの世」に行けなくて、成仏できない状態になる。こういう現象を、よく視てきたよ。

そうなんだ・・・。自分のためだけじゃなく、大切だったからこそ、その人のためにも、死を受け入れることが重要なんだね。

でも、なかなか受け入れるのは、難しい事だと思う。だから、ゆっくりとでいい。

生活していく中で、「やっぱりあの人はいないんだ」「私の子供は、来世・次の世界に向かって、歩み出したんだ」って、何年も何十年もかけて、少しずつ理解していくので、いいんだよ。

簡単なコトじゃありません。それでも、少しずつ「受け入れていこう」という心が、大切です

時間と共に、「悲しみ」の形は変わっていくのだから

確かに、時間がかかって、当然のことだよね。ちなみにさ、愛する人・家族を亡くして・・・それからの人生で、新しい恋人や家族に出会う事だって、あると思うんだ。でも、それを躊躇する方も、多いみたいなんだ。

新しい家族を迎えたり、再婚しても良いのか?

亡くした方を想う事も大切だけど、残された方には、これからの人生がある。でも、亡くなった人への愛や思い出もあって、なかなか踏み出せない方も多いと思うんだ。

そうだね。特に、パートナーを失った方は、一般的な離婚や再婚とは、大きく異なってしまうしね。

やっぱり、前の夫、もしくは妻に対して、悪いんじゃないか・・・って感じるのかな。これに対して、姉ちゃんからのアドバイスは、ある?

率直にお伝えすると・・・再婚は、全然アリだと思う。よほどの事がない限りは。

よほどの事・・?

まぁ、珍しいケースだけど・・・例えば、

  •  亡くなった奥さんが、あまりにも嫉妬深かった
  •  息を引き取る前に、私以外の女と結婚しないでね等と、言っていた

・・・こういうのを、「言葉の呪い」って言うんだけど、例のような場合には、死後に「悪霊」となる可能性があるんだ。

でも多くの場合、アナタが故人を想うように、亡くなられた方も、自分の死後に残された人が「幸せ」になる事を、望んでいるはずです

きっと、アナタが新しい人生・幸せの形を模索することを、応援してくれると思う。だから、全く後ろめたく思う必要なんてないよ。

確かに、新しい家族が出来たからって、亡くなった人との思い出や愛情が、無くなってしまうワケじゃないもんね。

そう。だから、

アナタの事は、今でも好きだよ。これからの、私の幸せを見守っていてね

という気持ちで、いいんだよ。戸籍の事や、バツイチになる事も、あまり恐れ過ぎずに、アナタの魂を幸せにしてあげるため、一歩踏み出してみて下さいね。

アナタをきっと、応援してくれるはずだから

SPONSORED LINK

まとめ

家族・愛する人との「死別」- 悲しみを乗り越えるには
  •  行き場のない感情を、どうしたらいいのか
    •  思いっきり、泣いて、悲しんでいい
    •  「トーンポリシング」してくる人に、惑わされないように
    •  感情を押し殺すことに、慣れてはいけない
  •  大切な人と死別した時、必ず知っておいてほしい、1つの事
    •  亡くなった方のためにも、少しずつ死を受け入れる事が大切
  •  アナタが再婚や新しい家族を迎え、幸せとなる事を、亡くなった方も応援してくれている

今回は、最愛の人達との死別について、お話しさせて頂きました。

冒頭でも触れました「西日本豪雨」があったばかりで、記事としてよいものか、非常に悩んだテーマでもあります。しかし、ここで僕や姉がお伝えした事が、何か皆様の力になれたなら、大変嬉しいです。

また、苦しい時・心の整理がつかない時は、「音楽」や「」に癒されることもあります。

その歌詞や、言葉の意味に身をゆだね、あなたの心を解きほぐすキッカケとなる事を、切に願っています。

 コチラもオススメ 

人は死んだらどうなるか「死後の世界」と「魂の行方」

2018.06.29

不安で仕方がない時、知っておくと心が軽くなるたった1つのこと

2017.09.01

最後まで読んで頂き、ありがとうございました ! とても難しいテーマでしたが、お話しできて良かったです

辛く、苦しい胸の内に、寄り添うための専門家たちが居ます。そうした悩みに、私を始め、プロの占い師・霊能師達がチカラになれるよう、最大限努力していきます。

* 記事リクエスト募集中 *

「こんなテーマの記事が読みたい」「こんな話が聞きたい」そんな、姉・弟へのリクエストを募集しております!ご要望は、各記事のコメント欄よりお伝えくださいね。

SPONSORED LINK

* 今人気の「電話占い」*

アナタを変える「電話占い」

ココだけの裏話も

SNS

SNSでは、サイトにない裏話など、たくさんの情報をお届けしています!

フォロワー様限定で、ランダムに、霊視の無料プレゼントも実施中

詳しくは…↓

Facebookはコチラ

Twitterはコチラ

* 姉への相談はコチラ *

2 件のコメント

  • 家族をテーマにした記事を是非読みたいです。
    家族とは何か。私にとっては個々の集まりにすぎないと考えており、一般的な方々よりも家族愛が少ない部類の人間だと思っています。
    友達でもない。他人でもない。
    友達のような家族なら楽しいかもしれません。
    一方で、家族に苦しめられてる人も大勢いると思います。
    なぜこの家族なのか、なぜこの兄弟姉妹なのか。
    すごく不思議でならないのです。

    • PET様

      コメントありがとうございます。

      家族に関しては良いテーマですね。

      是非姉と相談し、記事化を検討させてくださいね。

      これからもよろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    弟

    URAOTOサイト運営者。姉とは実の姉弟。幼少期から姉の不思議なチカラを間近にみているが、そちらの世界はあまり興味がない。霊能力は才能はあるが、極度のお化け嫌い。皆さんに客観的な視点から姉のエピソードをお伝えする役割。