【プロに聞いてきた】運命の人の全部。特徴、前兆、出会い、時期、占い総まとめ

URAOTO運営者の弟です。姉の不思議な体験を身近で見てきました。このサイトではそうしたことを多くの人に伝えていきます。姉からは昔から「ゆうぴ」と呼ばれています
姉です。占い、霊能者というカタチでよく見ています。このチカラで今まで世界中の著名人の未来や過去、あの世などみてきました。幼少期から見えていたので何か偶然持っていたチカラなのかなとも感じています。祖母、親戚も同じだったので、遺伝なのかもしれません。心霊的なものというか、どちらかというと、脳科学や量子学と近いのではないかなと考えています。このサイトで私の体験談から皆様のお力になれればと思います。弟からは「姉ちゃん、アネゴン」って呼ばれています

こんにちは、URAOTO運営者の弟です。前回、前世からの繋がりという話をしました。ありがたいことに多くの反響を頂いたので、今回はそちらの続編となっています。テーマはズバリ、「運命の人」

※前回の記事はこちら私達は前世から繋がっている?

前世からの繋がりはあるのか? その調べ方・思い出す記憶について

2017.09.04

僕はかなり昔に成人を迎えたバリバリの成人男性なのですが、実はこういった「運命の人」というのが大好きなのです。というのも、姉の影響もあり、幼い頃から読んでいた漫画は少女漫画ばかり、運命の人と出会い、恋に落ちる・・・。みたいな話は非常に大好きなのです。

そうして、「運命の人」と検索するとありとあらゆる記事が出るわ出るわ。

  • 運命の人との出会い方
  • 運命の人かどうかを見極めるサイン
  • 運命の人は人生で3人
  • 運命の人に出会う前の前兆
  • 運命の人生年月日占い などなど

色々と出てきますよね。でも、ここで疑問湧きませんか?

果たして、どれを信じればいいのかと。

そこで、今回、恐らく日本でトップクラスに運命の人や赤い糸や前世の繋がりの相談を受けてきた姉に、ズバリ直球で運命の人について聞いてきました。そもそも、運命ってあるのか、運命の人っているのかどうか単刀直入に聞いてきたので、まとめますよ!

運命の人、いるといいなぁ!!!

今回得られること

  • 運命の人がいるかどうか
  • 前世、赤い糸、運命の人、それぞれの特徴がわかる
  • 運命の人の判別方法がわかる
  • どうやったら運命の人に出逢えるのかがわかる

運命の人っているよね?特徴とか前兆とか出会い方とかもう、全部教えて!!

SPONSORED LINK

姉ちゃん、もったいぶらずに運命の人について、全部教えてよ。頼む!

――姉ちゃん、今回はさ「運命の人」について教えてよ。前回は前世の繋がりとか聞いたから結構この業界のことわかってきた。次はズバリ、運命の人について教えて!

姉:では、ズバリ、言いましょう。運命の人は・・・

います!!

――よっしゃー!!!大勝利!!!

姉:というか、そりゃいるに決まってるよねって思わない?だって、これだけグローバル化がすすんで世界中に人が溢れてるんだからさ、そりゃどっかには、いるでしょ

――前世から愛し合っていた2人がやはり、現世でも結ばれるなんてすごい話だ。ロマン溢れる話だね。

姉:え、何を言っているの。前世と運命って全然話が別だよ。前世は前世じゃん。運命は運命。よく、この2つを一緒に考えている人いるけど、私は違うと考えている。あと、赤い糸も違う。

  • 赤い糸
  • 前世からの繋がり
  • 運命の人

よく、これらを混ぜて考えているけど、別物って考えたほうがいいよ。

――そうなんだ?

姉:今回は運命の人がテーマだから運命の人で言うとね、私が感じたり、見えることを言語化すると、運命の人は人体を構成している成分が一致or似ている2人っていうイメージなんだよね。これをもっと、具体化するとね

  • 生い立ちが似ている
  • 考えや行動が似ている
  • 価値観が似ている
  • 育ってきた環境が似ている

というイメージ。

――うーん、簡単に言っちゃうとフィーリングが合うみたいな感じ?

姉:それで言うとフィーリングが合うということよりも、もっともっと根底で繋がっているイメージだね。全然違う道を歩んでいる2人だったのに、計算できない必然性を持って出会うべくして出会った二人のようなイメージ。

――え、なんか素敵な話だね。その2人はどんな風に見えるの?

姉:私からは、繋がっているようなイメージで見えるよ。物理的ではなく、感覚的に。周波があっているようなイメージ。

  • お、この二人本当に繋がり合っているね
  • この2人くっつているのは当たり前だな

って感じに見える。よくある例えでいうと、お互いのピースがピッタリとマッチしているイメージ。

――そういう二人はさ、偶然出会うの?それとも必然?

姉:これは、必然だね。出会うべくして出会っているし、繋がるべくして繋がっている。お互いに必然性をもって、呼び合っているイメージ。

By: Andreanna Moya Photography 運命の2人は出会うべくして出会う?

運命の人に出会う特徴とか、前兆ってあるの?

――必然ってことはさ、そういう人に出会ったら何かしらの前兆とか特徴ってあるの?

姉:まず、よくあるのは電気が走るってやつだね。私の考える運命の人って、物語とか、甘い話とかではなくて、科学的なことだと思っている。人体を構成する成分が、育ってきた環境とか、考えていることとかに反応しあっているイメージ。だから、それらの成分が電子を帯びて、互いに引き寄せあうと電気が走った感覚がするのかなと考えている。

恋愛学というよりかは、物理学に近いような気がしている。この運命の人というのも、近いうちに科学で解明されてくると思うよ。

――もうちょっとわかりやすく言うと?

姉:正直な話、私は物理学、量子学を抑えているわけじゃないから詳しくはわからないけれど、人間を構成する最小単位の素粒子とか、まだ解明されていない人体の物質がお互いに反応し合うということがあるんだと思う。で、それは育ってきた環境の一致とか天文学的な偶然の一致とかで形成されて、それがお互いに反応し合うということがあるのかなって思う。

私は、そうしたお互いに呼応しあっているものが感じられる、見えるっていう表現が一番近いんじゃないかなって思うよ。

――よく雑誌とかテレビとかである、運命の人に出会う特徴、前兆とか予兆ってあるけど、そういうのはどうなの?

姉:一般的な運命の人の共通点ってのをまとめると

  • 初めて会った気がしない
  • お互いに居心地がいい
  • 色々なことがスムーズに、運ぶ
  • この人と結婚する?って直感が走る
  • 自分の忙しい時に出会う
  • 一緒にいると幸せ
  • お互いに落ち着く、不安じゃない
  • 生年月日が近い
  • 共通の何かがある

ざっとこんなのがあるよね。

――こういうのって、何か「運命を感じる〜」って思っちゃうんだけど違うの?

姉:うん、違う。こういうのは、正直な話、恋愛と運命を一緒に混ぜて考えている人が捉えている運命の人理論かなって思う。運命はそんなもんじゃない。運命の人の特徴とか反応とか予兆ってもっともっとすごいよ。

By: Chris 運命の人の反応や予兆や特徴ってのはもっと・・・

SPONSORED LINK

運命の人の特徴、反応、予兆ってどんなのがあるの?テレパシーや以心伝心とか?

姉:そもそも、付き合いたてのカップルって波長が合ってくるからテレパシーのようなものは芽生えるんだよね。双子がお互いに意思疎通できるみたいなやつ。例えば、LINE送ろうとしたら全く同じような話題でLINEが来たとかあると思うんだよね。それも1種の波長の同調とかテレパシー。

で、運命の人っていうのはそれがもっと強い。例えばね、運命の人の特徴とか反応、予兆だと

  • 全く同じ行動をしてしまう
  • 全く同じ考えを持つ
  • 全く同じ時間に同じものを買う
  • 全く同じ時間に同じところに行ってしまう
  • お互いに頭の中に描いているものが分かる

とかだね。よくある、テレパシーとかシンクロニシティ的な感じが起こるよ。同調とか、波長が合う。以心伝心っていうやつだね。

「あ、これ、運命なのかな〜」じゃなくて

「え、なにこれ、怖っ」くらいのことが起こる。

特に片方が霊感強いとか感受性が強いとこの現象は強く起こるね。

――これ、医学とかだと似たような環境にいるからテレパシーのようなものが起こりやすくなるっていう結論になるけど、それについてはどう思う?

姉:夫婦だと同じものを食べたり、同じ空間を共有しているからシンクロニシティとかテレパシーが起こるっていう考えだよね。うーん、まぁそういう考えもあると思うよ。でも、今回の場合って元々別のところにいた2人が全く同じことをしたり、同じことを考えたりっていう話だから、現段階の科学で解明できていないところなのじゃないかなって思うよ。

私は運命とか、ロマンスとかはあまり信じていない方なんだけど、実際に見えているから信じざるを得ないなって感じ。運命論者でも何でもない。むしろ否定派。

でも、そういったものは存在しているんだろうなって思う。歴史が証明している。さっき言った「以心伝心」も元々は仏教用語のようだね。文字や言葉では表現できない仏教の真髄を師匠から弟子に心と心で伝える方法だったらしい。

以心伝心は英語だとThat which comes from the heart will go to the heart.(心より出たものは心に通じる) という言葉になるみたい。

人類が歴史の中の共通の理解として、以心伝心、テレパシー、シンクロニシティのようなものを感じているから言語として残っているわけであって、そこに運命の人とか、運命というものが存在していないほうが違和感があるかなっていう考えだね。

By: Hamza Butt 怖いくらい通じ合うものがあるのが、運命の人

生年月日運命の人占いとか、人生で運命の人は3人だけです!っていうのはどう考えている?

――運命の人占いってあるじゃん?

姉:どんなやつ?

――お互いの生年月日いれて、相性みるやつ。あれは、どうなの?

姉:うーん、あれで正確に運命の人をみることは出来ないと思う。生年月日とか、星座とかは統計学であって、さっきまで話していた私の捉えている運命とはまた別のものって感じかな。

私は統計からくる占いも信じている。信じているというかとても大切だとは思っている。それは人類の歴史の中の叡智として存在しているから。だから、統計をベースにおいた占いで相性の良い人っていうのも出るとは思うよ。今は検索すればたくさんそういう無料の占いも出てくるもんね。

でも、URAOTOを読んでいる人が知りたい運命の人ってのは、ガチの方でしょ?そうなると、また別なのかなって感じるよ。相性と運命の人は別物。

――じゃあさ、小学校の時とかによくあった「人生で出会う運命の人は3人」とかっていう都市伝説的な運命の人の人数についてはどうなの?

姉:ここで、ロマンも夢も無いことを言うとね、運命の人って、制限ないよ笑

一人かもしれないし、数十人かもしれない。その人によって全く違う。

――え、そうなの?

姉:これはね、時代の流れだね。それこそ江戸よりももっと昔の日本人、日本人というか世界がまだ小さかった時代はそもそも人と人との繋がりが狭かったわけでしょ。今はこうして移動手段が多様化して、どこでも行けるようになったけど、そもそもそういった概念が出来たのはつい最近のことだから。

つまりね、人と人が出会う数っていうのが圧倒的に増えたんだよ。運命の人っていうのは、予め決まっている絶対なものではなく、相対的なものだと感じているから、分母の数が増えれば増えるほど運命の人は増える。つまり、出会う人数が増えれば増えるほど運命の人は増えてくる。元々決まっているものではないと思うな。

――これ、元々決まっていた方がロマンがあるのにね。

姉:もしかしたら、前回話した前世の繋がりとか、また別のところで話す赤い糸とか色々な要素が奇跡的にマッチした人が世界に3人いるのかもしれないけれど、私はそこまではわからないや笑

ロマンが合ったほうがいいだろうから、運命の人は元々存在しているっていうことにしておこうか笑

――あ、でもさ運命の人って必然的に出会うんじゃないの?そこは矛盾していない?というか、そもそも運命の人に出会う方法ってあるの?

姉:あるよ。

By: medium as muse 運命の人に出会う方法は存在する

運命の人に出会う方法、出会う時期を手っ取り早く教えて!

――はい、結論から行こう!もう書くの疲れてきた笑

姉:うん!運命の人に出会う方法、それは・・・。

行動範囲を広げよう!

ってことに尽きる。

――なにそのつまんないやつ笑

姉:いや、さっき言ったようにね、運命の人って必然的なものなんだけど、絶対的なものではないんだよ。だから、あなたがじっとしていても向こうからやってくるものではない。つまり、何もやっていない人には運命の人は0人ってことも十分ある。

運命の人って、必然的に出会う要素は誰しも持っている。でも、絶対に何をしていなくとも出会うように決まっているのかというと、そうではない。この必然は自分でたぐり寄せることもできるし、自分で捨て去ることもできる。自ら手に入れようとする人に運命は味方するってやつだね。

だから、運命の人に出会いたいって人は今まで自分がやってこなかったけど、実はやってみたいことに挑戦したり、諦めていた夢に挑戦してみたりするといいよ。そうすることで新しい風が舞い込んでくる。

私のもとにも運命の人といつ出会えますか?って相談は年がら年中来るのね、で、そういった人をみると行動していなかったり、そもそも家から出ていないって人も多いんだ。つまり、運命の人を自分から捨てている。今日、あそこに行けば出会えたのにってのもある。だから、まずはそういった方に伝えることは自分で動いてみませんか?本当はやりたいことあるんじゃないですか?ってアドバイスするよ。

で、ちゃんとそれを受け入れてくれた人は不思議なくらいに、出会いがあるみたい。

  • びっくりするくらい出会いがありました
  • 半年前に相談した〇〇です、結婚が決まりました!

とかっていう報告、よく受ける。これは、その方が元々持っていた運命を自分でたぐり寄せたわけだよね。私の力でも何でもない笑

――じゃあさ、運命の人に出会う時期は?よく、○○歳の時に出会うみたいなのあるじゃん。

姉:確かに、運命の人に出会いたいとか、時期はいつですか?って言う質問もよくあるよ。ズバっと見えるときもあるし、見えないときもある。前も言ったけど、全然出会いがないって言っていたのに、その人の周りに小さな子どもの様な霊が浮遊していて、そのことを伝えた半年後とかに、妊娠したとかはあったね。

あと、イメージとして、自分の人生を中心に考えて行動したり、自分のやりたいこととかを見つめて向かっていったりってする時に運命の人と出会うってことはあるかも。

元々時期が決まっているというよりかは、しっかりと人生をみつめて自ら行動を起こした時期に、出会うっていう表現かもしれない。まぁ、その行動する時期っていうのも予め決まっているかもしれないけれどね。卵が先か鶏が先かって感じだね。

――ほー。かなり運命っていうものがわかってきた。これ、科学で証明されるときも近いのかもね。まずは、自分の人生を中心に考えて、行動することで運命は開ける!っていうメッセージだね。でもさ、我々が未婚でお互いに彼氏彼女もいないのは、なんでなの?

姉:え、だって私達、基本的に家から出ないからじゃない?

姉&弟:爆笑

「運命の人」総まとめ

運命の人は

  • 運命の人は、いる
  • 前世、赤い糸、運命の人、それぞれ別個のもの
  • 運命の人の特徴は電気が走る、怖いくらい通じ合う
  • 生年月日から判定する運命の人は、また違うもの
  • 運命の人は必然的に出会う。
  • その必然性をたぐり寄せるのは自分の行動

最後まで、読んでくださり、ありがとうございます。弟です。今回は運命の人について長文でインタビュー記事を書かせていただきました。時代によって、運命は変わっていくのですね。平安時代の恋愛と現代の恋愛とでは、運命の人に対する解釈もかなり変わってくるのでしょう。

運命の人を知りたい、私はいつ出会うの?ということ、気になりますよね。そういうことを本格的に見えるかたも中にはいます。占い師さんが全員的中できるわけではないですが、そうした能力を中には持っている方もいます。どうしても、気になる!という方はそうしたプロの方に相談してみる、診てもらうということも効果的だと考えています!あなたの運命の人はどんな人なんでしょうね?

※この記事の続きを書きました。
赤い糸の話、運命の人に対するどこも教えてくれない注意点や少し、怖い話などまとめています!

占いでは出ない、運命の赤い糸の診断や由来を本当に見える人に聞いてきた

2017.09.09

 

今回は、以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございます。URAOTOでは今回のような運命の話、前世の話、心霊の話、未来の話などあらゆる切り口で姉から見える世界というものを伝えています。正直な話、僕も昔から姉の能力を知っていますが、半信半疑ではあります笑

しかし、こうした世界が今や科学で解明されてきていますので、弟の私が姉の言葉を紡ぎ出すという想いをこめ、皆様にお伝えしております。私、弟を始め、姉が皆様のチカラになれるように最大限努力していきますので、今後もよろしくお願いします!

フェイスブックやツイッター(姉と弟同じアカウントでつぶやいています)で裏話など情報をお届けしますので、是非フォローしてください!

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 

関連するほかの記事はこちら!

おすすめ記事はこちら!

URAOTOって?

SPONSORED LINK

* 今人気の「電話占い」*

アナタを変える「電話占い」

ココだけの裏話も

SNS

SNSでは、サイトにない裏話など、たくさんの情報をお届けしています!

フォロワー様限定で、ランダムに、霊視の無料プレゼントも実施中

詳しくは…↓

Facebookはコチラ

Twitterはコチラ

* 姉への相談はコチラ *

4 件のコメント

  • 私は今名前で悩んでいます。
    初めまして。コメント失礼します。
    苗字と、名前について教えてほしいと思いコメントしました。
    姓名判断したら、ご先祖様からの因縁てきな何かで早死にする家系みたいなことがいつもでます。実際主人のお父さんの家族は、妹さんも弟さんも早くに亡くなられて、長男のお父さんだけが生きている感じです。
    娘が大病をよくするので、字画が悪いのか調べると、病気するだの何だのと…あまりいい事が書かれてません。
    名前をつける前はあまり気にしていなかったのですが、娘の体の弱さに不安がきえず、健康にはすごく気を使っているはずなのに何でかなぁ?って気持ちが弱ってしまいました。
    不安で色々探してここにたどり着きました。
    姓名判断についていつか教えていただきたいです。

    名前のせいにしないでいきたい。姓名判断についていつか教えてください。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    弟

    URAOTOサイト運営者。姉とは実の姉弟。幼少期から姉の不思議なチカラを間近にみているが、そちらの世界はあまり興味がない。霊能力は才能はあるが、極度のお化け嫌い。皆さんに客観的な視点から姉のエピソードをお伝えする役割。