占いでは出ない、運命の赤い糸の診断や由来を本当に見える人に聞いてきた

URAOTO運営者の弟です。姉の不思議な体験を身近で見てきました。このサイトではそうしたことを多くの人に伝えていきます。姉からは昔から「ゆうぴ」と呼ばれています
姉です。占い、霊能者というカタチでよく見ています。このチカラで今まで世界中の著名人の未来や過去、あの世などみてきました。幼少期から見えていたので何か偶然持っていたチカラなのかなとも感じています。祖母、親戚も同じだったので、遺伝なのかもしれません。心霊的なものというか、どちらかというと、脳科学や量子学と近いのではないかなと考えています。このサイトで私の体験談から皆様のお力になれればと思います。弟からは「姉ちゃん、アネゴン」って呼ばれています

こんにちは、URAOTO運営者の弟です。前回、運命について徹底的に語りました。おかげさまで反響もよく、良いものが出来たなと満足していました・・・。しかし!

この記事の中で姉が言っていた、

「赤い糸と運命の人って、また違う」

という発言がどうも気になったので、今回は“赤い糸”に焦点をあてた記事になっております。運命の赤い糸とは、そもそも存在するのか、そしてそれはどういったものなのか、私、弟が色々な角度から姉に話を聞いてきました。それでは、参りましょう!

今回得られること

  • 運命の赤い糸の存在がわかる
  • 運命の赤い糸の由来や伝説がわかる
  • 赤い糸で結ばれた2人の注意点や特徴がわかる
  • 赤い糸を切る大切さがわかる

運命の赤い糸?伝説?本当に?姉ちゃんは見えるの?って聞いてきました。

SPONSORED LINK

運命の赤い糸って、そもそも何なの?伝説?どういった由来?

――姉ちゃん、前回、運命の赤い糸ってそもそも運命の人とはまた違うって言っていたじゃん?そもそも運命の赤い糸って何なの?

姉:これは、wikipediaによると、ただの伝説だとされているね。
伝説によると、赤い糸を老人の神が司っていて結ばれる男女の足首を結んでいるという話らしい。これは、赤い糸ではなくて赤い縄っていう説もあるみたいだね。この足首っていうのが日本に渡ってきて小指に結ばれる赤い糸ってなったらしいよ。

あと、そもそも“赤い糸”っていう物質に力があると世界各地では思われているらしい。ユダヤ人の間でセグラっていう赤い糸を左の手首に巻く習慣があったりするんだと。日本では戦時中の千人針に赤い糸が使われていたみたいだね。

※千人針:フリー画像がなかったので、ググってください。たくさん出てきます。

――赤い糸の由来は?

姉:これも、wikiさんによると、中国の「太平広記」っていうのに収録されている定婚店って逸話が由来らしい。

婚姻を司っているさっきの老人の神が縁談がうまくいかない役人に、「この3歳の醜い幼女とあなたは結ばれる」って言われて、それにキレた役人が家来に命じてその幼女を殺すように言ったんだって。でも、その家来は幼女の眉間を一突きして傷をつけただけで、逃げてしまったんだと。

で、その役人は縁談がうまくいかないまま14年が経過して17歳の美しい娘を紹介されて結婚したんだって。で、その娘の眉間には傷があって、話を聞くと14年前にいきなり眉間を切られたって話をされて、その役人が全てを打ち明けて二人は互いに結ばれたって話らしい・・・

 

姉:・・・というか、なに、この終わっている話。赤い糸の由来って男女差別がやばいね。

――まぁまぁ笑 歴史の話ってそんなもんだからさ笑 じゃあさ、姉ごんには赤い糸って見えるの?

姉:私には見えない。そもそも赤い糸という物質的なものは存在しないと思う。でもね、赤い糸のようなものは存在しうる。

By: gags9999「LOVE」運命の赤い糸という物質はないが、似たようなものはある

運命の赤い糸が小指に見える人っていないの?

――姉ちゃんでも運命の赤い糸は見えないんだね。小指から、ゆらーって出ているのかと思った。

姉:物質的にはないよ。でも、前回話した特徴みたいなものは、ある。

前回の運命の人の総まとめはこちら

前回の話のまとめ

  • 運命の人は怖いくらい一致することが起こる
  • 互いに以心伝心が起こる など

【プロに聞いてきた】運命の人の全部。特徴、前兆、出会い、時期、占い総まとめ

2017.09.08

――赤い糸で結ばれている2人と運命の人とは似てる?

姉:うん、正直似ていると言えば似てる。

――どう違うの?

姉:運命の人はお互いに同じ波長同士ってイメージ。赤い糸はどちらかと言うと前世からの繋がりと運命の人が混ざっているようなイメージかな。前世からの繋がりってのは、ここで話しているのと同じ。

ここで話している前世からの繋がりっていうのをまとめると、

  • 初めて会ったのに、相手の癖や細かな動きが記憶にある
  • 前世と言っても一個前ではなく、前の前とか、そのまた前とかもある
  • そもそも、人間同士じゃないことも多々ある

前世からの繋がりはあるのか? その調べ方・思い出す記憶について

2017.09.04

――赤い糸で結ばれているカップルの特徴はどんなのがある?

姉:これは、前世と運命を混ぜたようなイメージで

  • テレパシーのようなもので通じ合う。以心伝心が強く起こる
  • 全く同じ行動や思考をするようになる
  • 感覚が非常に近くなる
  • 歩んできた環境が酷似している
  • お互いに片親
  • 過去に奇跡的に同じ空間を共有していた

とかかな。でも、残念だけど赤い糸で結ばれているカップルってのは本当に滅多にないよ。

私達、前世から繋がっている!え、これって赤い糸かも!?って今思っているカップルの99.9%は勘違いだね。本物は「これって赤い糸かも〜」とかじゃなくて、「え、怖っ・・・」ってくらい繋がるからね。私達、赤い糸で結ばれているカップルなんです!って思い込むのは勘違いだし、危険だと思う。

――何か、その他に危険なこととか、注意点は?運命の赤い糸ってやっぱり、1つしかないの?

姉:それでいうと、根も葉もないが、何本もあるよ笑

By: Hamza Butt 運命の赤い糸は何本もあるって、なにそれ・・・笑

SPONSORED LINK

赤い糸が1本じゃなくて複数本あるって、ロマンスがないね笑

――なんで、赤い糸は何本もあるの?

姉:きっと、赤い糸は昔は一本だったんだと思う。でも、時代がすすんで人類は地球の裏側でもいつでも繋がれるようになったじゃん?そうなるとその分赤い糸の可能性が増えたわけだよね。出会いが増えた分、赤い糸の可能性も広がった。

平安時代だったら国際結婚なんて信じられなかっただろうけど、今や普通だもんね。だから、1本のわけがないよね。

――じゃあさ、逆に自分の人生の中で赤い糸の本数を増加させることも出来るわけ?

姉:できるよ。つまり、行動の輪を広げればいいってこと。自分自身の行動を広げて、スペックを上げてレベルアップすることで赤い糸の可能性はどこまでも広がる。運命の赤い糸は何本でも自分で増やせるわけなんだよね。今の時代は行動すれば海外にでも赤い糸を求めることもできるし、それこそネットとかの出会いで今まで出会わなかった人とつなげることもできるからね。

そういう意味では出会い系のアプリとかは、ある意味赤い糸の増加に貢献しているのかもしれない。

――これ、いつか出会い系アプリの案件来ないかな笑

姉:運命の赤い糸を増やそうキャンペーンね笑

ま、でも、良縁なのかは置いといて、そういったアプリとかネットで出会いの幅っていうのは確実に変化しているよ。

あ、あとさ、赤い糸とか、前世から繋がっているカップルにとって気をつけた方がいいこと思い出した。必ずしも赤い糸のカップルが良いことばかりではないからそこもちゃんと知っておいてもらいたい。恋愛系のサイトでは、ロマンスとかキュンキュン系の記事で終わっちゃって、これから話すことは絶対に他では教えてくれないから、ちゃんと聞いておいて。

By: Matthias Ripp 運命の赤い糸や前世の2人が気をつけるべきこと・・・

運命の赤い糸や前世の2人は同じことを繰り返す。

――赤い糸や前世の2人はどんなことに気をつけるの?

姉:良くも悪くも同じことを繰り返しやすいんだよね。これ、ちょっとこの先、怖い話になるから注意かも。もし、読んでいる方が夜中とか18時以降だったらちょっと注意です。ブックマークとかして、朝に読んだほうがいいかも。

――わかった。一旦続けていいよ。

姉:前世のところで言ったように、前世でお互いに心から恨んでいたのに、今は愛し合っているみたいなのもあるのね。戦国時代に殺し合っていたのに、何故か今はカップルみたいな。でも、そういうラブラブのカップルが現世でも急に怨み合う、憎しみ合うとかがあるの。
お互いに急に

  • は、何だよこいつ
  • 何か、こいつ違うんだよな・・・
  • こいつ本当に腹立つ・・・
  • いつ、殺してやりたい・・・

みたいになることがある。いままで、あんな愛し合っていたのに急に冷めてしまうとか、急に怨みが湧いてきたりとかね。そういうのは、前世からの因果であって、現世でも繰り返している場合だったりする。

――歴史は繰り返すみたいなことが起こるんだね?

姉:うん、そうなんだよ。あとは、前世で35歳に自殺した人がパートナーだった場合、そのパートナーが35才になると急に自殺したくなるとか、殺されそうになるとか、事故に遭うとかっていうのがある。

自分達で前世をもう一度繰り返そうとしているように、私には見える。自分たちで同じ道を辿ろうとしているというか、導かれているというか。

――じゃあさ、赤い糸で繋がっている2人が必ずしも、ハッピーエンドってわけではないの?

姉:全く違う。全然違うよ。

――うわぁ・・・。そうなんだ・・・。赤い糸には代償があるのか・・・。じゃあさ、その赤い糸の二人とか、前世や運命の二人に待ち受けている、過去の試練みたいなものを避けることってできないの?

姉:うーん、お互いに前世を知らないし、覚えていないわけだから、結局繰り返しやすいんだよね・・・。救いはないといえるかも・・・。

――いや、そこを何とか・・・。

姉:うーん、救いがあるとしたら、時代かな。

――時代?

By: blues_brother 赤い糸や運命には代償がある。それを避けるには・・・

運命の赤い糸は本当に存在するのか。運命は自ら変えられるものなのか

――時代ってどういうこと?

姉:赤い糸とか、運命の2人が同じ道をたどるって言ったけど、昔と今では時代がそもそも違うわけじゃん?だから、前世とは全く同じ状況になるわけじゃないし、前世で起こったことを現世では避けることも出来るんだよね。例えば、昔は治らなかった病気が今は治るとか、昔は避けられなかった厄災が今は防げるとか。そういったことを味方につけて、しっかりと自分の身を守る。運命は自ら変えるという気持ちを持つことで現世は変えられる。

――他には?

姉:後は、同じパターンに陥らないこと。同じ過ちを繰り返すってことは、ある程度パターンが決まっているんだよ。陥りやすいパターンが決まっている。たぶん、心当たりあると思うんだよね。あ、私またこの失敗しているなって。そういう時は前世からのパターンの可能性が高い。いつも不倫して失敗している、叶わない恋ばかり望んでいるとかね。

だから、そういう時は自分で「あれ、何かおかしいな。また、このパターンだな」ってちゃんと客観視すること。同じパターンの時は前世に引っ張られている可能性があるから、しっかりと自分で行動を変えてみること。そして、まわりの話に耳を貸すこと。そうして、現世の自分の運命はちゃんと自分で変えられると考えることが大切。

今は過去とは時代が違うわけだから、あなたやあなた達の運命も変えられる。大切な人と今現在一緒だとしたら事前に避けられることは自分たちで避けること。お互いに変化し合うことで過去の因果を変えることはできる。運命は自分たちで変えられると信じて欲しい。

姉:あと、大切なことは、時に赤い糸を自ら切ることも大切。

By: ovidiu_tudor 赤い糸や前世からの運命は自ら変えられる

赤い糸や運命を自ら縁切りすることも大切なこと

――じゃあさ、昔は赤い糸で繋がっていると思っていたのに、今は苦しいって人にメッセージは?

姉:赤い糸や縁には良縁もあれば、そうでないものもある。昔は会いしていたのに、今は苦しいって人も多いと思う。でも、赤い糸で繋がっているはずなのに、運命感じたのにって自分を責めてしまう人も多いと思う。

でも、赤い糸で繋がっていた2人の糸が切れることも当然ある。赤い糸は永遠のものではない。期間限定の赤い糸もある。そして、この糸はあなたを束縛するものではない。

ときにはお互いに、そして自ら赤い糸を切ることも大切。縁切り寺というものもあるくらいだからね。

そして、そうして縁をきることで新しい糸と新しい糸が必ず紡がれる。糸は結ばれれば布になるけれど、ほどくことでまた一本の糸に戻るだけだからね。0になるわけじゃなくて、また糸に戻るだけ。そして、ほどかれた糸はまた新しい糸と出会って、新たな布になる。糸は複数あって、また新たなものを必ず織りなすから一人で苦しまなくていい。次は必ず良縁が待っているよ。

By: Andrea Passoni 糸が0になるわけじゃない。また1本に戻るだけ。

運命の赤い糸まとめ

運命の赤い糸は

  • 赤い糸の由来は中国の伝説の話しが元になっている
  • 物質的な赤い糸というものは存在しないし、見えない
  • 強いて言うのならば、前世からの繋がりと運命的な繋がりを混ぜたものに近い
  • 赤い糸は一本ではない
  • 赤い糸や前世の二人は同じことを繰り返しやすい
  • そうした因果を自ら変えることも出来る
  • 時には自ら糸を切ることも大切

最後まで、読んでくださり、ありがとうございます。弟です。運命、前世からの繋がり、そして赤い糸。幼い時から人と人のつながり、未来、過去が見えていた姉にとって、非常に深いテーマだったようです。時間の概念や空間の概念は私達が考えているものとはまた違う世界があることが近年科学でどんどん解明されてきています。僕は姉を客観的に見て、偶然そうした空間や時間の概念を飛び越えてみることが出来る何かしらの才能や力がある人なんだと思っています。

占い師さんや、霊能者、過去が見えてしまう人など今まで多くの人が存在してきました。中にはウソをついていた人もいるかもしれません。しかし、本当にそうした才能がある人もいても不思議ではないのかなと思います。偶然、その力を生まれつき持っていた人も今までたくさんあってきました。

僕にとっては、犬が鼻がめちゃくちゃ良いのとこういう力は似ているのかなと考えています笑。姉は特にこの力が強い。しかし、この力を神格化することもなく、特別視することもなく、淡々と皆さんに伝えられることを伝えようと考えています。こうしたことが何か皆さんの力や心の癒やしになればとてもうれしいです。

今回は、以上になります。最後まで読んでいただきありがとうございます。運命や、前世、そして赤い糸。なんだか夢物語ではなく、地に足がついているしっかりとした話だなと感じました。今回のお話はあなたの役にたちましたか?こういう世界に少しでも興味をもっていただけたら、嬉しいです。これからも、私、弟を始め、姉がチカラになれるように最大限努力していきますので、今後もよろしくお願いします!

フェイスブックやツイッター(姉と弟同じアカウントでつぶやいています)で裏話など情報をお届けしますので、是非フォローしてください!

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

SPONSORED LINK

* 今人気の「電話占い」*

アナタを変える「電話占い」

ココだけの裏話も

SNS

SNSでは、サイトにない裏話など、たくさんの情報をお届けしています!

フォロワー様限定で、ランダムに、霊視の無料プレゼントも実施中

詳しくは…↓

Facebookはコチラ

Twitterはコチラ

* 姉への相談はコチラ *

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

弟

URAOTOサイト運営者。姉とは実の姉弟。幼少期から姉の不思議なチカラを間近にみているが、そちらの世界はあまり興味がない。霊能力は才能はあるが、極度のお化け嫌い。皆さんに客観的な視点から姉のエピソードをお伝えする役割。