URAOTOショップ

亡くなった人のものは処分していい?時期や処分方法を説明!

亡くなった人のものは処分していい?時期や処分方法を説明!

当サイト「URAOTO」を運営している「」です

姉の不思議な体験を、一番間近でみてきました

」です。【占い師・霊能者】と呼ばれます

幼い頃からので、今まで多くの方の「未来・過去・死後の世界」などを視ました。私の経験が、皆様のお力になれば嬉しいです

前回こちらの記事で、愛する方との死別についてお話しました(⬇)

家族・愛する人との「死別」- 悲しみを乗り越えるには

「離別」の悲しみのあとには、残された「」もあります。ですが、故人への思いゆえに……どう対処していいか悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、「亡くなった方の私物の取扱い」について、遺品の整理方法や時期等も含め、占い師として世界で活躍する「」に、「」である私が話を聞いてきました。

SPONSORED LINK

亡くなった人のものは処分していい?時期や処分方法を説明!

亡くなった人のものへの接し方

姉ちゃん、今回はちょっと重いテーマなんだけど…「亡くなった人の物の処分」について聞いていくね。そもそも、処分した方がいいのかな?

えっと、結論からいうと……基本的には処分しなくても大丈夫!ただ、

  •  自分の気持ちを整理したい
  •  引っ越すので、思い出も一緒に断捨離したい

という場合は捨ててもいいよ。たとえば、亡くなった人の衣類のように、生前を思い出して悲しい気持ちになる…とかね。ただ以前話したように(⬇)

孤独・苦しい…大切な人との「死別」悲しみを乗り越えるためには

孤独・苦しい…大切な人との「死別」悲しみを乗り越えるためには

亡くなり方によっては、処分した方が良い場合があるよ。

処分した方がいい場合の例

たとえば…

  •  他の人に比べて「物」に未練を持ちすぎてしまう場合
  •  故人がまるで呪うかのような死に方をされた場合

こういった時には、一般の家に置いておくのは良くないので、捨てるのを推奨しているね。

上記のような場合には、亡くなった人からもらったものであっても、手元に置くのはおすすめしません。

あと、ちょっと話がずれるんだけど(⬇)

【2019年最強】本気で「開運」したいなら、おすすめ開運法3選

【2019年最強】本気で「開運」したいなら、おすすめ開運法3選

運気をあげるために、片付けや物の断捨離はおすすめ!気の流れも良くなるからね。

亡くなった人のものは処分していい?時期や処分方法を説明!

処分しなくていいことが大半

処分した方がいいって話が出たけど、具体的にはどう処分するのがいいのかな?

遺品整理したい・処分したいときの対処法2選

そうだね…。一番はお寺に持って行って「お焚き上げ」をしてもらう方法。

小正月にある、「どんど焼き」なんかでも最適じゃないかな(⬇)

近くのお寺に「お焚き上げ」や「どんど焼き」をやっているのか問い合わせてみて、やっていそうなら依頼してみてね。

そしてもう一つの方法としては、専門家に依頼すること。

たとえば日本人形。持ち主が亡くなってから、色んな位置に移動するようになったとかって相談をたまに受けるんだよね。こういった「自分たちでは処分しきれない」「危害を加えられる可能性がある」と思う物は、プロにお任せてしてもいいと思う。あとは手作りのお守りとか…(⬇)

本当に効果ある?【手作りお守り】に隠された、危険性とは

本当に効果ある?【手作りお守り】に隠された、危険性とは

良かれと思って作ったものが【負の念】をためている可能性もあるの。だから手作りの物を安易に貰いすぎるのはやめた方がいいかも…。貰った相手によっては、いつか変なコトが起きたりするかもだし…。

いずれにしても、不安を覚えるような状態であれば、躊躇せずに専門家に話してみる事も大切です。

亡くなった人のものは処分していい?時期や処分方法を説明!

処分に困ったら専門家を頼ろう

ひええ、ゴミの日に出したら祟られそうで捨てるの無理だあ…!そう考えると、捨てたくても捨てられないな~ってものもあると思うんだ。そういう時はどうしたらいい?

捨てたくても捨てられない時はどうするの?

そもそも、捨てられない理由って何か明確にすることかな!どっちに当てはまるかをポイントにしてみて(⬇)

  •  親・親友・恋人など…故人との思い出があって捨てられない
  •  何かが起きそうで、怖くて捨てられない

もし思い出や罪悪感から捨てられない場合は、別に捨てなくてもいいんだよ。捨てるかどうかは「あなたの心の整理がついたとき」が一番のタイミングだから。

でも、もし持っているものに異変を感じたり怖くて捨てられない場合は、すぐにでも専門家に依頼してほしい。服や靴、財布…なんでもだけど、思いもよらず念がこもってしまうことってあるの。もちろん最初から念が籠められている場合もあるけど……所有者が亡くなった瞬間に念が発動する・意思を持ち始めるってケースもあるんだ。

そういうのはもう、生きている人が対処できる事案ではありません。プロに浄化やお祓いを依頼してください。

ただ、悩んでいるときに無理に行動に起こさなくてもいいよ。ある程度心の整理をしてからでいい。でも…もし気になる事や異変が起きているなら、早めに専門家へ相談したり、お焚き上げを検討してね。

亡くなった人のものは処分していい?時期や処分方法を説明!

異変がないなら無理に捨てなくていい

SPONSORED LINK

まとめ

亡くなった人の遺品は
  •  基本的には、無理に処分しなくてOK
    •  あなたの気持ち整理のため、断捨離をしてもいい
  •  ただし処分した方が良い時もある
    •  故人が呪うように亡くなってしまった場合
    •  遺品に異変が起きた場合
  •  処分方法に悩んだときは専門家に相談しよう

故人が使っていたものを「処分」と考えると、切り捨ててしまうように感じる人もいるかもしれません。しかし故人の遺品整理は、あなたの次なる1歩のための「別れ」とも言えます。モノとの縁切りで、悪い状態が解消することもあるんです(⬇)

縁切り

良い「縁切り」こそが、あなたに良縁をもたらす。もう、“ご縁”で苦しまなくていい

単なる別れではなく……新たな旅立ちとして、前向きな気持ちで物に感謝し、次の生き方へのスタートを切っていきましょう。

もう読んだ?

【これって幻聴?】見えない人の声がするときの症状と対策

【これって幻聴?】見えない人の声がするときの症状と対策

死神はいる?「見た」日本の実話や姿・鎌を持つ?なぜ現れる?

死神はいる?「見た」日本の実話や姿・鎌を持つ?なぜ現れる?

最後まで読んで頂き、ありがとうございました ! 縁が深ければ深いほど、断捨離に迷ってしまうかもしれません。迷ううちは、無理に別れを選択しなくてもいいのではないでしょうか。

生前の思い出まで、捨てる必要はありません。気持ちや記憶は、あなたが望む限り、心に秘めていていいのですよ。区切りをつける時期は、必要なら自然と訪れます。 こうした悩みに、私を始め、プロの占い師・霊能師達が力になれるよう、最大限努力していきます。

* 感想&リクエスト募集中 *

この記事を読んでの感想や、「こんなテーマの記事が読みたい」「こんな話が聞きたい」そんな姉・弟へのリクエストを募集しております!ぜひ下のコメント欄よりお伝えくださいね。

SPONSORED LINK

★ 特別レター配信中 ★

サイト未公開の「ココだけ話」や、読者限定のミニ霊視など『特別企画』も実施しております

毎週1本 無料配信中
是非ご登録を!

プレミアム記事

コメントを残す