この2人は何者?

意味が分かると怖い?【夜に口笛を吹いてはいけない】理由とは…

意味が分かると怖い?【夜に口笛を吹いてはいけない】理由とは…

当サイト URAOTOを運営している【 】です

姉の不思議な体験を一番近くでみてきました

霊能者と呼ばれる【 】です

幼い頃からこれまで多くの方を霊視してきました。私の経験が、皆様のお力になれれば嬉しいです

日本には『夜に口笛を吹いたら良くない事が起こる』なんて迷信がありますよね。

地域や人によって、どろぼうが来る、おばけが出るなど理由はさまざまです。では、一体なぜ夜の口笛が『良くないもの』とされているのでしょうか?

今回は【なぜ夜に口笛を吹いてはいけないのか?】ということについて、実体験を踏まえながら、霊能師として世界で活躍する【】に、【】である私が話を聞いてきました。

SPONSORED LINK

意味が分かると怖い?【夜に口笛を吹いてはいけない】理由とは…

【日本の迷信】なぜ夜に口笛を吹いてはいけないの?

姉ちゃん、今回は【夜に口笛を吹いてはいけない】ということについて話を聞いていくよ。僕は昔「夜に家の中で口笛を吹いたらおばけが来るよ」なんて言われたことがあるんだけど…姉ちゃんは夜に吹く口笛の迷信ってどういう風に捉えてる?

うん、私もその噂は聞いたことがあるよ。

以前聞いた話だと、昔の家は隙間風が入りやすくて、その隙間風で体が冷えて、体調を崩したり、風邪が悪化して人が亡くなったりしていたんだって。それで…

ピューと風に似た音を聞くと、家の中に悪いものが入ってくる…と多くの日本人が信じていたそうです。

へ〜そうだったんだ!昔の生活状況や風習などが転じてこういう言い伝えになったんだね。調べてみると、人買い泥棒の合図とか…他にもいろんな言い伝えがあるみたい(⬇︎)

その記事にもあるように、昔から日本人は『夜の風=悪いもの』というイメージがあるみたい。

怖い話をするとき、おばけが出るシーンでよく「ヒュ~ドロドロドロ…」なんて効果音を聞くでしょ?

うん、あの定番の音だよね。

元々は歌舞伎などで芝居をするとき、幽霊の音として表現したものだったらしいんだけど…。

音で表現するとき「ヒュ〜」としたのは、日本人は『風の音=霊体が来る』という感覚が染み込んでいるからなんだって。

そうだったんだ!だからなんだか怖く感じてたんだね。じゃあさ、姉ちゃんは実際に口笛の音を聞いた後に幽霊を視たことってある?

口笛じゃないけど、以前こんな経験をしたことがあるよ。

【怖い話】ピューと鳴ったら廊下に…

古い旅館に泊まったときの話なんだけど。

その日の夜、露天風呂に入ろうと思って、お風呂に続く木の廊下を歩いていたんだよね。すると…どこからかピューと音が鳴ったんだ。

それで、なんか嫌だな〜と思って、ふと前を見たら…幽霊が、突然目の前に立っていたんだ。

急に目の前に現れるのは怖いね…!でも、その時姉ちゃんは口笛を吹いたわけじゃないんだよね?なんでその霊は現れたんだろう?

私が思うに……

人工物に自然の風が当たって鳴った音に反応したのだと思います。

それってどういう意味?

さっきの霊の場合、建物に当たった風の音で「ここに人間の世界があるんだな」って認識したんじゃないかな。

だから、口笛を吹いたから幽霊が引き寄せられたというより、音によって人間界があると認識したから現れたって感じ。

意味が分かると怖い?【夜に口笛を吹いてはいけない】理由とは…

必ずしも口笛で霊が出るわけじゃない

じゃあ、夜に口笛を吹いたからといって必ずしも霊が現れるわけじゃないんだね…

そうだね。

霊じゃないけど…神様を呼び寄せるときに笛を使うことだってあるんだよ。

えっ、それはどういうこと?

笛を吹くと…実は〇〇を呼び寄せる!

雅楽】って知ってる?

ああ、お正月に聴くような日本の伝統的な音楽だよね。

そう。神仏系の行事では、必ず笛が使われるんだけど

高い音で神様を呼び寄せたり、喜ばせたりするそうです。

へぇ!人工的な音にも神様が反応したりするんだね。

うん、私が考えるに…

  •  口笛や楽器など人工的な音は、結界や聖域を作ったり浄化したりする
  •  隙間風のような自然の音は、悪いものを呼び込む

という違いがあると感じたよ。

えっ、笛で結界を張れるの?

これは霊感がある人のあるあるかもしれないんだけど…人工的に発した高い音って、一気にそのエリア一帯に結界が張られるような感覚になるんだよね。

結界ってなんだかかっこいい。陰陽師みたい…!

他には、浄化効果も感じたことがあるよ。あれは不思議な感覚だった…。

でも、高音と神仏ってどう関係しているんだろう?

うーん、はっきりとは分からないんだけど…。

神仏系の行事で笛を使うのは、視える人が「笛を吹くと浄化するよ」と伝えて、行事に組み込んだからなのか…。もしくは、もともと人間が持っている波長が合っていたからなのか…。

とにかく、いろんな要素が混ざってるんだと思うな。

意味が分かると怖い?【夜に口笛を吹いてはいけない】理由とは…

笛の高音で浄化や結界を張れる

なるほど。神社って邪気払い厄落としのイメージがあるけど、浄化効果があるのは笛のおかげだったりして…(⬇︎)

邪気 払い
厄落としがしたい。霊能師の姉オススメの「厄落とし方法」とは?

あと、旅行していると「ここで口笛を吹かないでください」と言われることもあるようなんだけど…それはどうしてなんだろう?

日本の迷信・禁忌について姉が伝えたい大切なこと

私も実際にそういう注意を受けたことがあるんだけど、理由を聞いてみたら、

  •  うるさいと近所からクレームが来るから
  •  笛を吹くと獣が寄ってくるから

っていうのが理由だったんだよね。

そうなんだ。なんだか当たり前のことだったな。

でも日本の迷信を軽くみてはいけないよ。

たとえば、日本には「夜に爪を切ると親が早死にする」っていう迷信もあるんだけど…(⬇︎)

いやいや大丈夫でしょ。そんな迷信、現代じゃありえない。

なんていう人もいるけど…そういう迷信ができたってことは、その裏には何か意図があるんだって考えて欲しい。なぜなら…

もしかしたら、説明したこと以上の何かが起きるかもしれないからです。

もし禁忌を犯したら、怪我をしたり祟りにあったり…(⬇︎)

【天罰とは…?】バチが当たる人の特徴やあなたがやるべきこと

取り返しがつかない状況になって狼狽えても、どうしようもできないしね…。

マナーを守ってもらうために注意される場合もあるけど…注意を受けたら素直に守るのが賢明だと思うよ。

意味が分かると怖い?【夜に口笛を吹いてはいけない】理由とは…

迷信だからといって甘く見ない

SPONSORED LINK

まとめ

口笛で悪いことが起こるわけではない
  •  風の音は霊が来る音と思われていた
    •  日本の昔の風習から生まれた言い伝えだった
    •  風の音などがすることによって「人間界」だと霊に認識されることがある
  •  笛は神聖なもの
    •  神様を呼び寄せたり、浄化結界を張ったりできる
  •  迷信を甘く見ない
    •  何かしらの理由があるのかも…

今回、口笛を吹いたからといって悪い事が起きるわけではない、とお伝えしましたが、迷信だからといってあまり軽く見てはいけない場合もあります。

古くからの風習や言い伝えが、現代まで受け継がれているのにはそれ相応の理由が隠されています。万が一取り返しのつかない事態にならないよう、守るべき慣習をしっかり見極めて日々を過ごしていきたいですね。

もう読んだ?

【疳の虫】の正体とは?実際の相談を元にどうしたらいいか解説!
黒い蝶

最後まで読んでいただきありがとうございました ! 夜に口笛を吹いたからといって、必ずしも悪い事が起きるわけじゃないと知ってホッとしました。

「実際に口笛を吹いたらこんな不思議な事が起きました」というお話があれば是非お聞かせください。 こうしたお悩みに、私を始め、プロの霊能師・占い師達 がお力になれるよう最大限努力させていただきます。

* 感想&リクエスト募集中 *

この記事を読んだ感想や、こんなテーマの記事が読みたい、こんな話が聞きたい…そんな姉・弟へのリクエストを募集しております!ぜひこの下にあります『コメント欄』よりお伝えくださいね。

SPONSORED LINK

★ 特別レター配信中 ★

サイト未公開の話や、さまざまな特別企画も実施しております

毎週1本 無料配信中
是非ご登録を!

プレミアム記事

2件のコメント

小学生の頃、夜にリコーダーの練習をしてたら、祖母が
「夜に笛を吹けば蛇(じゃ)が来る」と言って、叱ってきたことがあります。今思えば、もしかしたら蛇(じゃ)とは邪(じゃ)の事だったのでしょうか。

あと、盆が終わった翌日、つまり8月16日は「地獄の釜戸の蓋があくから海で泳ぐな!足を引っ張られてつれて行かれるよ!」って祖母が言って言ってました。
だから今も、8月16日は海やプールといった場所には行きません

今は亡き祖母が色んな迷信を教えてくれましたが、その事を信じながら生活してますよ。

由香 さま

コメントありがとうございます。先人の教えというものは時が経つと「迷信」となるのですが、実際には統計や実際に起きた出来事を「そういうものだ」というように括ることで、慣習化させて大切な人を守っていく手段にしていくものなのかもなと自分は最近思うようになりました。御祖母様の迷信が由香様を守ってくださっている「まじない」のようなものでもあるのかもですね。

コメントを残す