亡くなったペットのために…今できる事を知りたいあなたへ
亡くなった後の魂が
どこに居るか、ご存知ですか?

当サイトではこれまでも「亡くなったペット」について、いくつか記事を書いてきました。

これらのほかにもペットや動物をテーマにした記事はたくさんあり、どれも大変多くの反響をいただいています。特に姉自身が「ペット霊視」を得意としていることもあり、本当に大勢の方からご相談も寄せられています。

ただ……実はこれまで公開を避けていた内容もありました。それは、愛する我が子を亡くしたばかりの方にとって、残酷な真実になってしまうんじゃないかと躊躇していたからです。

しかし多くの方の相談を聞いている中で…やはり全てをきちんと、深くお伝えすべきだと感じ、この記事を作ることを決めました。

今回お伝えする内容は、ワンちゃんや猫ちゃんだけじゃなく、すべてのお子様に当てはまる内容を書いています。

ですので、珍しい生き物やお魚・昆虫など…さまざまな生き物に共通しますのでご安心くださいね。

それでは改めて今回は、特別なプレミアム記事として『ペットを亡くした後に知っておいてほしい事』についてお話しします。

愛するペットを亡くした方、そして今はまだお子様が元気だという方にも、是非一度読んでもらいたいです。

亡くなったお子様の為に
今できる事があります
Contents
  •  ペットは死後どうなっていく?
  •  注意:正しい弔い方
  •  そばに居るかを見極めるには?
  •  【実践編】亡くなったお子様の気持ちを知る方法
  •  【重要】彼らのために今できる事
  •  姉からのメッセージ

ペットは死後どうなっていく?

弟:姉ちゃん、今日は改めて「ペットが亡くなった後」の話について、いつも以上に詳しく話を聞かせてほしいんだ。

今までいくつか記事を書いてきたけど…実は今まで「ちょっと深すぎるかも」って公開を避けていた部分もあったよね。

姉:そうだね。

いろんな心情を持った、幅広い方に読んでもらおうと思うと…ちょっと伝えにくい事もあったからね。だから普段は伝えきれていない部分が、どうしてもあるよね。

弟:うん。だから今回は折角の機会ということで、ぐっと深く掘り下げて…これまであえて話してこなかった部分にまでメスを入れたいと思います!

そもそもペット達は、死後どうなっていく?

弟:まず、ペットのお子さん達が亡くなってしまったら、どういうステップを踏んでいくのか具体的に教えてほしいな。

次の世界というか、あの世というか…姉ちゃんが視える世界や感じることを話してほしい。

姉:わかった。まずお子様の死後については、以前こちらの記事でもお話ししているけども(↓)

今回は、もっと詳細な流れをお話しするね。お子様達は亡くなった後…大きく分けて、次の3つのステップを進んでいくんだ。

1.自分の状況確認をする
「亡くなったペットのために」プレミアム記事

まず、自分がどうなったか「状況を確認し始める」んだ。ペットの子達は、すぐに自分が死んだってわからない子も多いからね。

だから状況を把握するため、いろんな事にチャレンジする。いつもだったら抜けられない所をすり抜けてみたり。壁とか、窓とかね。

その場で止まることなく、いろんな場所に行ってみたりと…ものすごく活発に動きます

特に、亡くなる間際の状態が(↓)

  •  亡くなるまで、病気であまり動けなかった子
  •  足が痛くて歩けなかった子

といったお子様達も、死後に全部の苦しみから解放されるので、とっても元気な状態になっているの。

だから嬉しくて、動き回っちゃうみたいなんだよね。なので、亡くなってすぐの時に「今あの子はそばにいますか?」という質問をされても…

いえ、お家の中にはいませんね(外で元気に走り回っているイメージが伝わる…)

…なんて事も、よくあるね。

弟:そうなんだ…。

じゃあ、亡くなったらすぐに天国とかあの世に行くわけじゃなくて…魂はまだ近くに居るってこと?

姉:うん、そうだよ。魂も念も思いも、まだ「この世」にいる。

ご遺体や御骨のように、目に見える形ではないけどね。だから、すぐに違う世界に行ってしまったとは考えなくていいよ。

それから、お子様自身が「あれ?今までと変わったかも…?」と把握しはじめてくると…次のステップに行くんだ。

2.飼い主さんの様子をうかがう
「亡くなったペットのために」プレミアム記事

いろんな事をやっていく中で、お子様達は…

  •  今までの世界と、状況が違う
  •  今まで出来なかった事が、あまりにも出来ちゃう

こんな違和感を覚え始めるんだ。それで不安になって、住んでいたお家に戻ってくるんだけど…

  •  飼い主さんが、自分の存在に気づいてない
  •  飼い主さんが、いつもの感じじゃない

そうして、ほとんどの子が「自分はこの世にいない」と気づくんだ。

その時の様子は、お子様によってさまざまです。飼い主さんの近くで心配そうにしてる子もいれば「ここにいるよ!ここにいるよ!」とアピールし続ける子もいます

そういうのを、1か月もないくらい…約2週間半ほどやってから、徐々にみんな『最後のステップ』に向かっていくんだ。

3.だんだん空気に溶け込んで消えていく
「亡くなったペットのために」プレミアム記事

この時にようやく自分の死を理解して、受け入れた子達から次第に…空間に溶け込んでいくんだ。『成仏』っていう表現に近いと思う。

形あるものから、小さな粒のようになって…消えて行く。黄金に光るサイダーの泡みたいに、プチプチってね。そういう子たちを数多く視てきたよ。

私がその時に霊視すると、すでに体の一部がフワフワ流れて消えている姿もよく視ます

キラキラしていて、とても不思議な姿で…魂は「あの世」と呼ばれる所に向かって行くの。満足した様子でね。

弟:なるほど…そういう3ステップがあるのか。

確か以前「虹の橋」と呼ばれる死後の世界や「亡くなったペット達の3タイプ」についても話していたよね(↓)これの、もっと詳しい流れってこと?

姉:そうだね。

特に「すぐに死を悟り、次の世界に行く子」のように、この3ステップが早い子もいるからね。

3つのステップを進む時間は、それぞれ違う
「亡くなったペットのために」プレミアム記事
「状況確認」でもかなり差がある

さっきお話しした「1.自分の状況確認をする」が、早い子で1~2週間くらい。でも長い子は、約3ヵ月かかるって場合もあるよ。

もちろん「2.飼い主さんの様子をみる」「3.だんだん消えていく」も、かなり個体差があるの。

ただ、通常この3ステップはすべて『半年以内』ぐらいで終える子が、大半です

 

さらに続きは
01

注意:正しい弔い方

葬儀・霊園選びにご注意を
御骨の保管は「●●●」を引き寄せる
お気に入りだった物が、ペットを苦しめる場合も
02

そばに居るかを見極めるには?

今すぐ出来る『そばに居るかわかる方法』
お子様が会いに来てくれる方法も
03

【実践編】亡くなったお子様の気持ちを知る方法

「●●●」なら、お子様と夢で再会できる
彼らの本当の気持ちを知るための「●●●運動」
* イラスト解説付き
04

【重要】彼らのために今できる事

ペット達に共通する『真の望み』とは
「●●●」と言葉にして伝えることが重要
05

姉からのメッセージ

後悔も、悲しみも、次のバトンへと変えていくために
大切なお子様とまた『笑顔で会える』ために大切な事
こちらの内容は
いつでも何度でも、好きな時に
すきま時間に分けて読んでもOK!
ここからは限定公開です
こちらもおすすめ