この2人は何者?

もののけ姫のこだまに似てる?【木霊】の正体や種類とは

もののけ姫のこだまに似てる?【木霊】の正体や種類とは

当サイト「URAOTO」を運営している「」です

姉の不思議な体験を、一番間近でみてきました

」です。【占い師・霊能者】と呼ばれます

幼い頃からの力で、今まで多くの方の「未来・過去・死後の世界」などを視ました。私の経験が、皆様のお力になれば嬉しいです

ジブリ映画【もののけ姫】には様々な不思議な生物が登場しますが、特に『こだま』が印象的だという方も多いのではないでしょうか。

姉は実際に【木霊】を視たことがあるようですが、木霊が『こだま』と似ているのか、霊感がない人でも視れるのか、どんな種類がいるのかなど…一度でも考えたことがある方も少なくないと思います。

そこで今回は、【木霊】の正体や種類について、占い師として世界で活躍する「」に、「」である私が話を聞いてきました。

SPONSORED LINK

もののけ姫のこだまに似てる?【木霊】の正体や種類とは

《種類別に紹介》姉が視た木霊たち

姉ちゃん、今回は【木霊】について、話を聞いていくよ。木霊って……ジブリ映画【もののけ姫】に登場する、あの白い人型の生き物のことだよね?

実際はもっといろんな種類がいるんだけど、人型のものもいるね。

【木霊】とは文字通り『木の精霊』のことで、昔から森の守り人だと考えられていたんだよ。

沖縄のキジムナーみたいなもの?

そうだね。それが近いかも。

なるほど。ちょっと気になることがあるんだけど…『木霊(こだま)』っていうけど、やまびこの『こだま』とは違うものなの?

それは同じ。昔の人は、木霊が声を真似していると考えて、山で同じ応答が聞こえることを『木霊する』といっていたんだよ。

へ〜、そうなんだ!

ちなみに、やまびこを英語でEchoというんだけど……調べてみたら面白いことに、ギリシア神話に出てくる【こだまの精エーコー】が語源になってるんだって。

だから、海外ではやまびこはエーコーが言ってるんじゃないかという逸話もあるよ。

へえ〜、言葉の意味や類語を調べてみるのってやっぱり面白いね。

そうだね。そういえば、私の友人の話なんだけど……山で「おーい」と叫んだら「何ー!?」って返ってきたことがあったんだって(笑)

それを聞いて、会話できる木霊もいるのかな?と思ったよ。

やまびこで会話できたら面白いね(笑)じゃあさ、さっき木霊にはいろんな種類がいるって言ってたけど、どんな木霊がいるの?

【木霊】で検索すると、鬼灯の冷徹仁王浜田省吾の歌など…色々出てきたんだけど、それらに登場する木霊は本物に近い?

いろんなタイプがいるから一概には言えないけど…私が視たことがある木霊をいくつか紹介するね。

きのこのような木霊

まずは、山の中を歩いてたら…しいたけみたいなものが3、4匹、ぼこぼこと動いて、道の中を歩き出したんだ。

そのときはよく分からなかったんだけど……きのこタイプの【木霊】だったのかなと思っているよ。

他にも山を登っている最中に、道端で棒人間のようなものがぴょこぴょこ歩いているのを見かけたんだけど、あれも木霊だったのかも…(⬇︎)

【実話】神社、異世界…本当にあった世にも『不思議な話』

【実話】神社、異世界…本当にあった世にも『不思議な話』

へびのような木霊

あとは、森を歩いているとき、最初は木から生えている枝だと思って通り過ぎようとしたんだけど、何か気配を感じたのでよく見てみたんだ。

そしたら……生えていた枝のようなものがぽろっと落ちて、木の周りをぐるぐる回って上に登っていったんだ。

それは虫とかではなくて?

うん、虫ではなくて、すっごい長いヘビみたいなものだったよ。たぶん、擬態していたんだろうなと思う。

人型の木霊

あと、もののけ姫のこだまに近いものなんだけど…白い人型っぽいてるてる坊主のようなものや、タコみたいなものもいたよ。

それから、人を見つけた瞬間、顔面あたりから触手を生やして形を人っぽくするものもいたな。アメーバみたいなものだと認識しているけど、あれも木霊だったと思う。

へぇ…木霊の大きさって、大体どれくらいなの?

大きさは、大きくて50センチくらい。小さいので15〜20センチくらいかな。

老人の木霊

あとこれは、木霊かどうかはっきりはわからないんだけど…登山しているとき、白くて長いヒゲのあるご老人とすれ違ったんだけど…その人は、バックパックも何も背負わず、フードを深く被ってたんだ。

登山なのに何も背負っていない人は、たいてい荷物の少ないトレッキングやランニングなんだけど、その人は、歩いて下っていたから、どこかに荷物を置いてきたとか、まさか滑落して無くしてしまったのかなとか、いろんなことをとっさに考えたんだよね。

それで、そのまま挨拶して過ぎ去ったんだけど、やっぱり気になって振り返ったら……誰もいなかったんだ。

えっ、怖い…でもそれは幽霊だったんじゃない?

顔は見てないけど幽霊っぽかった…でも幽霊要素もありつつ、精霊でもある感じだったな。

遠い昔に、山で亡くなってしまった後も山を守り続けて、精霊と幽霊の半々の状態になったのではないか、と私は考えているよ。

もののけ姫のこだまに似てる?【木霊】の正体や種類とは

木霊は様々な姿で現れる

なるほど、そういう存在もいるんだね。じゃあさ、木霊の正体って何だろう?

木霊の正体は…実は〇〇だった!

こちらでも少しお話ししたけど、海外では木の精霊が守護霊だと考えられている地域もあるんだけど…(⬇︎)

【守護霊】は存在しない?姉が話す霊界の真実

【守護霊】は存在しない?姉が話す霊界の真実

私が考えるに…先ほど話した老人のような精霊が分かりやすいんだけど、

木霊は、人の念や生霊、山や木といった自然物が具現化したものだと思います。

生霊が生まれるほど人々の強い想いや(⬇︎)

「生霊」とは、どういうもの?憑いた時の症状・対策/対処法

自然のパワーが凝縮して形として現れたのが、木霊ってことかな。

そうなんだ。木霊は妖怪やお化けとは違う?(⬇︎)

霊能者「姉」が遭遇した、本物の実在するお化けの話とは?(お化けの写真、声)

霊能者「姉」が遭遇した、本物の実在するお化けの話とは?(お化けの写真、声)

うん。おそらく違うよ。お化けは何かしらの念が化けているものだけど…木霊は以前話した【小さいおじさん】が近いかも(⬇︎)

目撃すると、幸せになる?「小さいおじさん」の正体とは

人の念や、山や木などの自然物の気が集まったものが…木霊。あくまでも、私の感覚だけどね。

もののけ姫のこだまに似てる?【木霊】の正体や種類とは

木霊は人の念や自然物が具現化したもの

念が集まったもの…ってなんだか危ないように聞こえるんだけど大丈夫なのかな?もし出会ったらどうしたらいいの?

木霊に出会ったらどうする?危険性はあるの?

うーん、私が木霊に会ったときは危険な感じはしなかったかな。

むしろ、人間を怖がりながらも興味深く観察している感じだったよ。だから、軽く挨拶したり、写真が撮れそうなら撮ったりしてもいいんじゃないかな。

え、そんなことしてもいいの?

彼らのいる居住区を侵さない程度ならいいと思う。彼らは人間と自然の境目にいるような存在だからね。

木霊を見かけたら、それ以上奥へ進まないようにしましょう。

向こうにもテリトリーがあるから、もし入ってしまったら…どうなるか分からない。山道のど真ん中にいた時はしょうがないけど、奥地や崖といった道じゃないところは越えないようにしてください。

逆の立場で考えると、自分達の生活スペースに踏み込まれたら嫌だもんね…

共生していくためには大切なことだね。

もののけ姫のこだまに似てる?【木霊】の正体や種類とは

木霊のテリトリーには入らない

SPONSORED LINK

まとめ

木霊は人の念や自然物の集合体
  •  木霊にはいろんな種類がいる
    •  きのこ、へび、人型など
    •  様々な念や自然物の気が集まって具現化したもの
  •  木霊がいる場所に踏み込まない
    •  テリトリーを侵さなければ挨拶などはしてもいい

木霊は様々な形で現れますが、何かを伝えるためや、いたずらというよりも、人間に興味を持って観察しているようです。

だから、たとえ出会っても怖がらず、彼らのテリトリーを侵さない程度に関わってみてはいいかがでしょうか?

もし「こんな経験があったんですがどう思いますか?」といったお話がありましたら、気兼ねなく話してみてくださいね。

もう読んだ?

【体験談】言霊の効果とは?使う言葉で人生が変わる

【体験談】言霊の効果とは?使う言葉で人生が変わる

危険?【人形が怖い】と感じた時に、やってはいけないこととは?

危険?【人形が怖い】と感じた時に、やってはいけないこととは?

最後まで読んで頂き、ありがとうございました ! 不思議なお話でしたね。ちょっと木霊に会ってみたくなりました!

もし不思議な現象に出会って「自分ではどうしようもできない…」といったお悩みがありましたら、お力になれるよう最大限アドバイスをさせていただきます。

* 感想&リクエスト募集中 *

この記事を読んでの感想や、「こんなテーマの記事が読みたい」「こんな話が聞きたい」そんな姉・弟へのリクエストを募集しております!ぜひ下のコメント欄よりお伝えくださいね。

SPONSORED LINK

★ 特別レター配信中 ★

サイト未公開の「ココだけ話」や、読者限定のミニ霊視など『特別企画』も実施しております

毎週1本 無料配信中
是非ご登録を!

プレミアム記事

コメントを残す